健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|チリソースの「チリ」って何だろう?

健康メニュー|チリソースの「チリ」って何だろう?

チリソースは、「辛いソース」として日本でも広く浸透していますが、その名前の由来や素材の栄養価などは意外と知られていないのではないでしょうか。今回は、チリソースの由来やスイートチリソースとの違いのほか、栄養価、チリソースを活用したおすすめメニューなどについてご紹介します。


チリソースは、「辛いソース」として日本でも広く浸透していますが、その名前の由来や素材の栄養価などは意外と知られていないのではないでしょうか。今回は、チリソースの由来やスイートチリソースとの違いのほか、栄養価、チリソースを活用したおすすめメニューなどについてご紹介します。

チリソースとは?

チリソースとは、トマトソースをベースにとうがらしや香辛料、塩、酢、砂糖などの調味料を加えて煮詰めたソースのこと。タマネギやニンニク、セロリなどの香味野菜を加えることもあります。日本農林規格(JAS規格)ではトマト加工品類に分類されています。

チリソースというと、南米の「チリ共和国」発祥のソースだと思うかもしれませんが、チリとは「メキシコ原産のとうがらし(=チリペッパー)」のこと。メキシコ先住民の「舌がしびれるほどの辛さ」を意味する「チレ」という言葉に由来します。チリソースは南米や東南アジアの国々で広く用いられ、中国では調味料として、タイやベトナムでは揚げ物やサラダのディップとして親しまれています。

日本にチリソースが伝わったのは、明治時代初期といわれています。日本の食卓でおなじみの「海老のチリソース」は、本来のチリソースとは異なります。豆板醤にトマトケチャップやしょうがなどを加えたソースを使い、日本人の舌に合わせて中華料理をアレンジしています。

「海老のチリソース」については下記の記事をご覧ください。

スイートチリソースとはどう違う?

チリソースと名前が似ているソースに、「スイートチリソース」があります。チリソースを甘くしたものとイメージしがちですが、味も見た目も別物。スイートチリソースは、とうがらしや砂糖、酢、ニンニク、塩などで作り、甘みのなかにほどよい辛さと酸味が利いたソースです。チリソースとは違い、トマトは使われていません。

スイートチリソースは、タイやベトナムで親しまれています。タイの焼き鳥「ガイヤーン」やベトナム発祥の「生春巻き」などにつけて食べます。

チリソースの素材の栄養価

料理にからめたりディップにしたりするチリソースには、栄養も豊富に含まれています。チリソースの素材の主な栄養価を見ていきましょう。

とうがらしの「カプサイシン」

とうがらしに含まれる辛味成分「カプサイシン」には、身体をあたためる作用があります。末梢神経を刺激し、体温を上昇させて血液の流れをスムーズにすると考えられているのです。新陳代謝が活発になり、脂肪燃焼や発汗、老廃物の排出を促進する働きもあるとされています。

とうがらしの栄養については下記の記事も参考にしてみてください。

トマトの「リコピン」と「β-カロテン」

トマトの赤み成分であり、特徴的な栄養素が「リコピン」です。強力な抗酸化作用により、老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を取り除くといわれています。同じく抗酸化作用を持つ「β-カロテン」も豊富。β-カロテンは、体内でビタミンAに変化し、皮膚の健康や免疫機能を調整する働きが期待できます。

トマトの栄養については下記の記事も参考にしてみてください。

チリソースと組み合わせたいヘルシー食材

定番のエビだけでなく、チリソースは白身魚や鶏肉などヘルシーで良質なたんぱく質が摂れる食材ともよく合います。おすすめは、タラの切り身を使った「タラのチリソース」。タラから出ただしと甘辛いチリソースが相性抜群で、ごはんもビールも進む味です。

ヘルシーでリーズナブルな鶏むね肉も、片栗粉をまぶして揚げ焼きにしてチリソースをかければ、ボリュームあるメイン料理になります。

世田谷自然食品の「温彩特選便 味わい惣菜」は、栄養バランスに配慮した料理を手軽に味わえる惣菜です。チリソースを使った料理もお届け品に含まれています。

梅雨時期や暑い時期になると、食欲が減退しがちです。チリソースに含まれるとうがらしの辛味成分は、食欲増進にもつながるといわれています。チリソースを食卓に取り入れて、健康に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。