健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康法|サウナブーム 今までとは何が違う?

健康法|サウナブーム 今までとは何が違う?

若い世代を中心に空前の盛り上がりを見せている「サウナ」。専用の道具や新しい用語など、これまで親しんできたサウナとはちょっと違う楽しみ方も登場しているようです。今回は「サウナブーム」と共に広まっている新しい楽しみ方をご紹介します。


若い世代を中心に空前の盛り上がりを見せている「サウナ」。専用の道具や新しい用語など、これまで親しんできたサウナとはちょっと違う楽しみ方も登場しているようです。今回は「サウナブーム」と共に広まっている新しい楽しみ方をご紹介します。

現在の「サウナブーム」は第三次?

この数年で新たにブームとなる前から、サウナ専用施設や、サウナを備えた温浴施設は各地で見られます。サウナの第一次ブームは1960年代、きっかけは先の東京五輪と、意外と歴史があるのです。ちなみに、第二次ブームは1990年代、スーパー銭湯の流行によるもので、現在のブームは「第三次」といわれています。
第三次サウナブームは2016年ごろからタレントなどをきっかけに火が付き、サウナをテーマにしたドラマやテレビ番組などが増えて広まったとされています。

現在のブームの特徴は「本場・北東ヨーロッパのサウナ文化」

現在のサウナブームで新たに見られるようになったのが、サウナの本場とされるヨーロッパ北東部のサウナ文化に倣ったアイテムや楽しみ方です。主なものをご紹介しましょう。

サウナハット

厚手のチューリップハットのような形をしたサウナ専用の帽子です。サウナ内で頭の温度が上がることによるのぼせ防止や、熱や乾燥から髪を守るためにかぶるとされています。本場フィンランドでは羊毛フェルトのサウナハットが主流ですが、日本では手入れのしやすさなどからタオル生地のサウナハットなども人気となっています。

ロウリュ

サウナ室をあたためる「サウナストーブ」。ロウリュは、この上に「サウナストーン」と呼ばれる石をおいて熱し、そこに水をかけ、水蒸気を起こして体感温度を上げる楽しみ方です。施設スタッフが水をかけるスタイルに加えて、機械が自動で水をかける「オートロウリュ」、利用者が自分で水をかける「セルフロウリュ」などが見られます。水にアロマオイルをたらして香りとともに楽しまれることもあります。

サウナストーブにはロウリュに対応していないものもあり、水をかけると故障の原因になってしまうことがあります。「セルフロウリュOK」を掲げていない施設で、勝手に水をかけるのは絶対にやめましょう。また、ロウリュはサウナ室の温度や湿度が大きく変わります。セルフロウリュOKの施設でも、周囲の利用者に一声かけ、了承を得てから水をかけるようにしましょう。

アウフグース

アウフグースは、「アウフギーサー」と呼ばれる演者が、サウナ内の熱い空気をタオルで扇ぐサービスです。利用者一人一人に熱風を送るのに加えて、タオルを使ったダンスのようなパフォーマンスを行うこともあります。日本では施設スタッフがアウフギーサーとなっているだけでなく、人気のアウフギーサーにはメディア出演などもこなすスターさながらの人までいて、さまざまな施設やイベントでゲストとしてアウフグースを披露しています。

ウィスキング

ウィスキングは、サウナに入りながら、シラカバの小枝を束ねて干した「ヴィヒタ」で体をはたく楽しみ方です。ヴィヒタの香りや、はたくことによる心地よい刺激を味わいます。血行促進や、お肌の殺菌などの効果も期待できるとされています。

日本独自の「新しいサウナ用語」も

現在のサウナブームでもうひとつ特徴的なのが、日本で生まれた独自の「新しいサウナ用語」です。主なものを紹介しましょう。

ととのう

ととのう、ととのったというのは、「サウナ室→水風呂への入浴→休憩」を3回ほどくりかえすことで感じられる快感、トランス状態のことを指します。現在のサウナブームの火付け役となった漫画・ドラマで、主人公たちがこう呼ぶことから広まりました。漢字ではなく、平仮名で「ととのう」と書くところがユニークです。

サ活・サ飯

サウナを楽しむ活動を「サ活」、サウナの後の食事を「サ飯」などと呼ぶ略語も、現在のサウナブーム特有の文化です。他にも、サウナを楽しむことを目的に旅行をする「サ旅」、サウナを共に楽しむ仲間「サ友」などといった略語が見られます。

熱波・熱波師

アウフグースに漢字をあてて「熱波」、アウフギーサーを「熱波師」と呼ぶのも日本のサウナブームならでは。漢字からアウフグースのイメージも伝わりやすく、「師」と呼ぶことで職人っぽさも感じられます。

温浴施設に若い世代が増え、活気が出てきたのは喜ばしいことですが、経験不足ゆえのマナー違反などトラブルを案じている方もいらっしゃるかもしれません。ここはまず先輩世代がマナーを踏まえた振る舞いを見せて、お互いに気持ちよく過ごすことの重要さを自然と伝えてあげましょう。下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード


健康の知識 簡単健康法

関連する投稿


健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

華やかで愛情を表現する花の代表格といえる「バラ」。バラは5~6月に咲くのが一般的ですが、品種によっては1年を通して楽しめるのも特徴です。今回は、バラが咲く時期やバラの花言葉、さまざまな健康効果も期待できるバラ茶やバラの香りについてご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


最新の投稿


楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

コミュニケーションの大切さや、心身の健康維持に効果的なポイントをご紹介します。


健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

春の旬の食材が味わえる「郷土寿司」。古くから保存食としてや、お祭りやお祝いの席で食べられてきた趣のある料理で、地域ごとにさまざまな個性を持っています。今回は、長く愛され続けてきたその歴史や味わいについて詳しくご紹介します。


健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

華やかで愛情を表現する花の代表格といえる「バラ」。バラは5~6月に咲くのが一般的ですが、品種によっては1年を通して楽しめるのも特徴です。今回は、バラが咲く時期やバラの花言葉、さまざまな健康効果も期待できるバラ茶やバラの香りについてご紹介します。


健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

日々の食卓を彩る、上品な味わいの「お吸い物」。起源は奈良時代まで遡り、当時の文献にはお吸い物の元となった「羹(あつもの)」の記載が残っています。室町時代には「吸い物」と呼ばれるようになり、江戸時代には具材の数が増え、季節ごとに趣向を凝らしたお吸い物が登場したといわれています。今回はお吸い物の基本から主役となる具材、お吸い物をいただくマナーをご紹介します。


不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

引っ越し時や家電製品の買い替えなど、不用なものが発生した時に困るのが、処分方法ではないでしょうか。不用品の処分は品目によって方法が異なり、業者を利用するなどの方法もあります。そこで今回は、家庭で発生した不用品の処分方法について解説します。