健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
おみそ汁|春のおみそ汁 旬を味わいながら野菜不足を補おう

おみそ汁|春のおみそ汁 旬を味わいながら野菜不足を補おう

春は、多くの野菜が旬を迎える時期です。食卓にのぼるおみそ汁に春の野菜を使えば、季節感を味わいながら野菜も摂取できる栄養満点のメニューに。今回は、春に旬を迎える野菜とおみそ汁に使うコツをご紹介します。


春は、多くの野菜が旬を迎える時期です。食卓にのぼるおみそ汁に春の野菜を使えば、季節感を味わいながら野菜も摂取できる栄養満点のメニューに。今回は、春に旬を迎える野菜とおみそ汁に使うコツをご紹介します。

野菜たっぷりのおみそ汁を主役に

汁物メニューのおみそ汁は、食卓の脇役的なメニューと思われがちですが、多彩な具材を使えるおみそ汁は、具材によって主役にもなるメニュー。特に、野菜をたっぷり食べたい時に活用できます。

野菜は、生の状態よりも「煮る」「蒸す」「ゆでる」「炒める」といった調理でかさが半分近くに減り、より多くの量を食べやすく、しかも加熱すれば生野菜より消化吸収がよくなります。おみそ汁は、加熱調理の中でも比較的調理しやすいので、毎日の食事に取り入れやすい点もメリット。季節の野菜を具に使えば、季節ごとに異なる味わいのおみそ汁を味わえます。

水分たっぷりで柔らかい「春キャベツ」

キャベツは1年を通して収穫される野菜ですが、春キャベツの葉は他の季節よりも水分が多くて柔らかく、生で食べやすいのが特徴です。春キャベツの葉はサラダなどで生食し、固めの芯はおみそ汁の具にするのがおすすめ。

春キャベツの芯は葉より栄養豊富といわれ、美肌効果や免疫力アップが期待できるビタミンC、胃の粘膜を修復して飲みすぎや食べすぎに効果が期待できるビタミンUなどが含まれています。ビタミンCとビタミンUは、どちらも水に溶けやすい水溶性ビタミンですが、おみそ汁として調理すれば溶け出したビタミンも無駄なく摂取できます。

春キャベツの栄養については、以下の記事もご参照ください。

栄養満点の「クレソン」

クレソンはステーキやローストビーフなどの肉料理などの付け合わせによく登場するので、どうしても添え物という印象が強いのではないでしょうか。そのまま食べると独特の辛味を感じることもあってメインとして食べることが少ないですが、クレソンは実は栄養満点な野菜なのです。

クレソン特有の辛味は、シニグリンという抗酸化成分によるもの。大根などにも含まれているシニグリンには、食欲増進効果や消化を助ける働きがあるほか、抗菌作用もあるので口臭や食中毒予防も期待できます。

クレソンの辛味は加熱すると和らぐので、おみそ汁の具にすると辛味がマイルドになり食べやすくなります。クレソンは火が通りやすい野菜なので、おみそ汁の火を止めてから加えるのがポイント。まだ辛味が気になる場合は、卵を落としてみましょう。

クレソンの栄養については、以下の記事もご参照ください。

食感も楽しい「たけのこ」

春の味覚の代表といえるのが、たけのこです。3~5月に旬を迎えますが、市販の水煮パックを使えば長期保存も可能なので、1年を通して春の味覚を味わえます。たけのこには豊富な食物繊維や塩分排出をサポートするカリウム、脳や神経の働きを助けるうま味成分のチロシンなどが含まれています。

さまざまな料理に活用できるたけのこですが、おみそ汁としても味わえます。くし切りまたはいちょう切りにしておみそ汁に加えれば、あく抜き不要でシャキシャキした食感を生かした春の味わいのおみそ汁ができあがります。

また、長野県の郷土料理には「根曲がり竹」と呼ばれる初夏に採れる細いたけのことサバ缶を使ったおみそ汁「たけのこ汁」があります。

たけのこのおみそ汁については、以下の記事もご参照ください。

おみそ汁で「あと70グラム」の野菜を摂ろう

健康のために意識して野菜を摂取する方は多いですが、野菜の1日の目標摂取量は350グラムです。しかし、国民栄養調査によれば、成人の平均野菜摂取量は約280.5グラムなので、目標に対して平均摂取量が約70グラム足りないといえます。70グラムの野菜はさほど多い量ではなく、トマトなら2分の1個、アスパラガスなら3本程度。足りていない「あと70グラム」の野菜を摂取するには、おみそ汁がおすすめです。野菜を具に使ったおみそ汁をメニューに追加すれば、不足している野菜を手軽に補えます。

世田谷自然食品では、お湯を注ぐだけで作れるおいしい「おみそ汁」を販売しています。3種類の味噌にだしをきかせた10種類の具材を使ったおみそ汁をフリーズドライにしているので、10秒でおいしさそのままの1杯がいただけます。フリーズドライのおみそ汁に、お好みの野菜をプラスするのもおすすめです。

日常的におみそ汁を飲んでいる方でも、具に野菜をたっぷり使うことはあまりないかもしれませんが、おみそ汁なら野菜を加熱してかさを減らして、栄養も無駄なく摂取できます。野菜不足を補うためにも、今回ご紹介した春の旬の野菜を使ってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。