健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康法|身近なもので入浴剤 家で気軽に楽しもう

健康法|身近なもので入浴剤 家で気軽に楽しもう

「冬はお風呂に入浴剤を入れてあたたまるのが楽しみ」という方も多いのではないでしょうか。いつもの入浴剤を切らした時、食材などのちょっとした余りが出た時、ちょっと工夫して、入浴剤なしでもあたたまるお風呂にしてみませんか。今回は家庭にある食材などで、入浴剤代わりに使えるものをいくつかピックアップしてご紹介します。


「冬はお風呂に入浴剤を入れてあたたまるのが楽しみ」という方も多いのではないでしょうか。いつもの入浴剤を切らした時、食材などのちょっとした余りが出た時、ちょっと工夫して、入浴剤なしでもあたたまるお風呂にしてみませんか。今回は家庭にある食材などで、入浴剤代わりに使えるものをいくつかピックアップしてご紹介します。

身近なあれやこれが入浴剤代わりに使える

端午の節句のしょうぶ湯、土用の桃の葉湯、冬至のゆず湯など、いわゆる浴用ではない植物や果物をお風呂に入れる習慣は昔からありますね。それだけでなく、実は余った食材や化粧品などの思いがけないアイテムも、入浴剤代わりに使うことができます。白湯もいいけれど少しだけあたたまりやすくなるよう工夫したい、そんな時には身近なものを入浴剤代わりに使ってみましょう。

入浴剤代わりのアイディア5選

牛乳、スキムミルク、生クリームなどの乳製品

ミルク風呂は入浴剤の定番でもありますが、牛乳、スキムミルク、生クリームなど乳製品そのものをお湯に溶かすことでも、脂肪分による保湿力が期待できます。
お湯が白くなるほどたっぷり入れなくてもOK。大さじ2~3杯程度の量を、よくお湯に溶かしてから入浴しましょう。湯上がりのお肌がしっとりするはずです。

はちみつ・砂糖

水分を保つ力に優れた砂糖やはちみつ入りのお風呂にも保湿効果が期待できます。お菓子作りの余りなど、砂糖の入った生クリームでもOKです。
これも大さじ2~3杯程度の量をよくお湯に溶かしてから入浴しましょう。少量なので甘い香りなどはそれほどありませんが、肌がベタベタすることもありません。それでいて、湯上がりはしっとりとしたお肌になりますよ。

フルーツの皮・芯

ゆず、みかん、レモンなどのかんきつ類は、ゆず湯に代表されるように身近な変わり湯の定番とも言えます。食べる前の果実を皮ごと入れるだけでなく、食べた後の皮や芯を活用できるのもうれしいポイントです。
かんきつ湯について詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。

かんきつ類以外のフルーツでは、リンゴの皮や芯をお風呂に入れるのもおすすめです。リンゴ酸やセラミドといったリンゴ特有の成分の効果で、お肌の古い角質をやさしく落とせます。ちなみにかんきつ湯もリンゴ湯も、お湯を抜く際に皮や芯が配管に詰まったりしないよう、洗濯ネットなどでまとめて入れると安心です。

緑茶・紅茶・ハーブティ

お茶を使ったお風呂には、殺菌や消臭などの効果が期待できます。香りでリラックスできるのもうれしいポイント。ティーバッグや、お茶パックに大さじ2~3杯程度の茶葉を入れてお湯に入れてもいいですし、濃いめに煮出したお茶をお湯に溶かしてもOK。お風呂に使えるような古いお茶、余ったお茶がない場合は、使い終わったティーバッグや出がらしの茶殻などを使ってもいいでしょう。

日本酒・ワイン

血行を促し、湯上がりはよりいっそうぽかぽかになる上、保湿効果も期待できる日本酒やワインのお風呂。まだまだ飲めるお酒ではちょっともったいないと感じるかもしれませんが、開けたきり古くなってしまったお酒やワインなどがある場合はちょっとお風呂に入れてみませんか。

銭湯・温泉などではお正月のお祝いに1瓶丸ごと注ぎ入れる、といった催しもあるようですが、家庭ではコップ1~2杯でもOK。日本酒は醸造酒ではなく純米酒を使うとお肌にいい成分も多く、香りもより楽しめます。ワイン風呂ならあたたまるには赤、保湿には白がおすすめ。ただし、お酒に弱い方やアルコールにアレルギーのある方は、そもそも酒風呂が合わない可能性がありますので慎重に試してみてください。

自分だけの入浴剤代わりを見つけてみよう

ここで紹介した以外にも、古くなった化粧水をお風呂に入れるなど、さまざまな入浴剤代わりのアイディアが見受けられます。ヒントになりそうなのは、銭湯や温泉で時おり実施されている「変わり湯」。実は、ゆず湯などの定番に加えて、昆布、米ぬか、酒かす、コーヒーなどさまざまなものが入浴剤代わりに使われています。

かんきつ湯はお肌への刺激が強かったり、酒風呂はアルコールに弱い方だと気持ちが悪くなったりと、入浴剤代わりはお肌や体調との相性もありますので、必ず少しずつ試しましょう。また、お茶風呂やワイン風呂でタオルを汚さないよう、色のつくお湯から上がったら、シャワーなどで軽く流してから拭くと安心です。まずは少しずついろいろ試しながら、自分だけの入浴剤代わりを見つけてみてくださいね。

関連するキーワード


健康の知識 簡単健康法

関連する投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

5月は「自転車月間」と国土交通省でも定められ、自転車での健康づくりにより注目が集まるはずです。過ごしやすい爽やかな時期だからこそ、ご近所の移動だけでなく、行動範囲を広げてサイクリングに散歩、ウォーキングを組み合わせる方法をご紹介。自転車によって得られるメリットについても触れています。


健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

人生100年時代に向けて寿命の捉え方も変化し、日常を制限なく生活できる期間とされる健康寿命への関心が高まっています。健康的な人生の時間を延ばすには、どんな生活を送るといいのでしょう。近年の研究では、テニスをする人はまったくしない人に対して死亡率が47%少なく、習慣化している人は平均寿命が9.7年も長いことが分かっています。今回は、テニスの習慣化による健康効果や寿命を延ばす理由について解説します。


最新の投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。