健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。

レトルトでも・自作でも、ちょい足しで味変

カレーはインドで生まれ、イギリスへ渡ったのちに西洋料理として日本に伝えられた料理です。現在、日本でのカレーはインドやイギリスのカレーとは異なる、家庭料理の定番として多くの人に愛されています。
市販のカレールーを使って簡単に自作できるほか、パックごと湯せんしてごはんにかけるだけで食べられるレトルト食品も人気で、まるでレストランで食べられるような本格的な味わいのレトルトカレーも多く登場しています。

家庭で調理した手作りカレーや、市販のレトルトカレーをいつもと違った味で楽しみたい時におすすめの方法が、「ちょい足し」です。いつもと同じカレーでも、少し調味料などを加えるだけで手間をかけずに味変(あじへん)できます。レトルトカレーにちょい足しするには、あたためたあとに袋を切ってちょい足しをして、軽く混ぜておくのがポイントです。
そこで、レトルトと自作どちらのカレーにもちょい足しできる食材や調味料をご紹介します。

定番の「チョコレート」「インスタントコーヒー」

カレーの隠し味として定番のチョコレートやインスタントコーヒーは、ちょい足しにおすすめの食材。チョコレートを入れてもカレーが甘くなることはなく、辛さをマイルドにしてコクもプラスしてくれます。チョコレートをちょい足しする際は、溶かしてからカレールーと同時に入れてみましょう。

インスタントコーヒーも、カレーのちょい足し定番の食材です。苦味よりも香ばしさが加わり、深みのある味わいに仕上げられます。インスタントコーヒーは、できあがったカレーよりも調理中のカレーに入れるのがおすすめ。カレールーが溶け切ったタイミングで加えましょう。

定番の調味料「ソース」「しょう油」

食卓の調味料として定番のソースとしょう油も、カレーのちょい足しに多く使われています。たくさんの野菜や果物が使われているソースは、カレーに入れると味に深みやコクを加えてくれます。ソースにはウスターソースやとんかつソースなどいくつかの種類があり、味わいも異なるので、好みの味のソースをちょい足ししてみましょう。

しょう油も、少し入れるだけでコクやうま味が引き出されます。しょう油は塩分が高いので、少量を加えましょう。また、しょう油も味わいに違いがありますが、コクをアップさせるなら濃い口、あっさりとした味わいにしたいなら淡口しょう油にするなど、好みの味に合ったしょう油を加えるのがポイントです。

甘さと深いコクをプラス「甜麺醤」

甜麺醤(てんめんじゃん)とは、回鍋肉や麻婆豆腐などの中華料理に欠かせない、まろやかな風味と甘みを持つ味噌です。カレーの仕上げに甜麺醤を入れて煮ると、一晩寝かせたような深いコクと甘さが加わった、複雑な味わいのカレーができます。カレーの味が何か物足りない、または辛さが強すぎる場合にもおすすめのちょい足し調味料です。

辛さと風味をプラス「ラー油」

ピリッとした辛さや風味を加えたいなら、ラー油を使いましょう。カレーにラー油をかけて混ぜると、辛さとごまの風味が加わったコクと辛みが楽しめるカレーにできます。入れすぎるとラー油の風味にカレーが負けてしまうため、食べながら少しずつ加えて好みの味に調整するのがおすすめです。

パンチを効かせたいなら「ニンニク」

パンチのある味のカレーには、ニンニクを入れるのがベスト。スタミナのある一皿としても楽しめます。ニンニクは味にコクとうま味を与えてくれるほか、独特の味と香りがよいアクセントになり食欲もアップします。カレーにニンニクを入れる際は、すりおろしまたはみじん切りが一般的です。生のニンニクは香りが強いため、ほんの少量使いましょう。市販のすりおろしニンニクのチューブやガーリックチップを使うと、手軽にニンニクのちょい足しができます。

世田谷自然食品では、スパイスと具材のうま味が味わえるビーフとチキンの「カレー2種セット」を販売しています。そのままはもちろん、今回ご紹介した味変で好みの味にアレンジしても楽しめます。

カレーはいつも同じ味、市販のレトルトも飽きてきたという場合は、味変がおすすめ。自分好みの味に仕上げられるちょい足し食材を見つけて、カレーをもっと楽しみましょう。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。