健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。

気がついたらスマホを見ていませんか?

スマホを触っていないと落ち着かず、寝る前にスマホを見るのをやめられなかったり、スマホがつながらないとわずかな時間でもイライラしたりしてしまうことはありませんか?スマホの画面から出るブルーライトは、眼精疲労をもたらすばかりか、肌にも悪影響を及ぼすといわれています。

スマホを常に手放せないほどに依存し、日常生活に支障をきたしてしまう状態を「スマホ依存」といい、現代病のひとつとして取り沙汰されています。まずは、自分が1日のうちどのくらいスマホを見ているのかを知ることが大切です。機種によって搭載されている「スクリーンタイム」の機能を使うか、スマホの使用時間を管理できるアプリを入れて確認してみましょう。

過剰な情報収集が、記憶力や意欲の低下を招くことも

私たちは日々、たくさんの情報に囲まれて生活しています。SNSのように細切れの情報が次から次へと大量に流れてくると、情報処理が間に合わずに脳が過労状態になってしまいます。脳は、ぼんやりしている状態の時に情報を整理しますが、四六時中スマホを見ていると、その時間がつくれなくなります。すると、脳のエネルギーが奪われ、もの忘れが激しくなったり意欲や判断力が低下したりと、日常生活に支障が出る恐れもあります。

今日からできるプチ・デジタルデトックス

デジタルデバイスに触らない日をつくることを、「デジタルデトックス」といいます。少しハードルが高いと感じるようなら、「プチ・デジタルデトックス」からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。気軽に実行できる5つの方法をご紹介します。

「スマホを絶対に見ない時間」を決める

すぐ手に届く場所にスマホがあると、無意識のうちに使ってしまいます。絶対に見ない時間を決めて、その間は別の部屋におき、物理的な距離をとりましょう。

SNSを見る時間を決める

よくチェックしているSNSがある場合、「○時から○時」のように閲覧する時間を決めておくと、だらだらと見続けるのを防ぐことができます。

メールやメッセージはスキマ時間に確認しない

メールやメッセージが届くたびにスマホを見ていると、ちょっとしたやりとりが積み重なり、意外と時間がかかります。朝・昼・晩で時間を決めて、まとめてチェックするのがおすすめです。

時々しか見ないアプリは削除する

スマホのホーム画面を見直し、使用頻度の低いアプリは削除しましょう。不必要な通知が減り、スマホを確認する回数を減らすことができます。

スマホ以外の時間の使い方を増やす

デジタルデトックスをしている間、スマホがない状態でどのように時間を過ごしたらいいか悩んでしまうかもしれません。気分転換になるような、自分なりの有意義な時間の過ごし方を見つけてみましょう。

ここからは、そのヒントをいくつかご紹介します。

スキマ時間に五感を使う習慣を

デジタルデトックスをする時間に決まりはありません。5分からでも始められ、毎日少しずつ取り入れることが重要です。その時間が手持ち無沙汰に感じたら、スマホ以外の気分転換を習慣づけるのがおすすめです。

「蒸しタオル」で目元の疲れを解消

まぶたの上に蒸しタオルを乗せるホットアイマスク。電子レンジであたためたタオルを目元に乗せて2~3分。目元の緊張がじんわりとほぐれます。

「良いこと日記」でポジティブな気持ちに

毎晩寝る前の5分に、どんなささいなことでも“良いこと”を3つ探し出し、その良いことを軸に1日を見直す「良いこと日記」。毎日続けるだけで、幸福度が向上するという研究結果が出ています。

「大人の塗り絵」でリラックス

大人になってから塗り絵で遊んだことはあるでしょうか。大人の塗り絵は、子どもの塗り絵よりも絵柄が繊細です。丁寧に色をのせていく作業に没頭することで、リラックス効果を得られるといわれています。

「大掃除」で心を軽やかに

掃除をすると、お家がスッキリするだけでなく、精神安定効果やフィットネス効果も期待できます。掃除をして身のまわりを整えておくと、気持ちが前向きになり、心の健康を保つことにつながります。

情報があふれている現代において、デジタルデトックスはデジタルデバイスの使い方を見直すきっかけになります。ぜひ一度試してみてください。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。