健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。

生活習慣病予防、メンタルヘルスに。見直したい「緑茶」の効能

緑茶は体にも心にもよい、非常に優れた飲み物です。日本で初めての茶書である鎌倉時代の書物『喫茶養生記』には、「茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり」、「頻りに茶を喫すれば、則ち気力強く盛なり」とあります。このように緑茶は大昔から、長寿をもたらし気力を増強すると考えられてきました。

現代ではその薬効は、カテキン・カフェイン・テアニンがもたらしていることが分かっています。いずれも名前は聞いたことがあるでしょう。それぞれ詳しく見ていきましょう。

カテキン類:「渋み」生活習慣病に

カテキンは緑茶の渋みや苦みの成分で、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種です。血圧や血糖の上昇を抑えたり、悪玉コレステロールを含めた総コレステロールを下げたりするはたらきがあり、生活習慣病の予防・抑制効果はもちろん、アンチエイジング分野でも期待される成分です。

テアニン:「うま味」リラックスさせ集中力を高める

アミノ酸の一種であるテアニンは、緑茶のさわやかな甘みやうま味のもとです。紅茶や烏龍茶にはない緑茶に特有の成分で、多彩な精神安定作用があると研究が進んでいます。興奮を静めて意欲を改善する作用があるため、試験や競技のような「リラックスしながら集中力を発揮したい」時にもおすすめできます。また、テアニンは継続して摂取することで、PMS(月経前症候群)や更年期障害を緩和するとされています。

ちなみに、テアニンが多く含まれるのは、緑茶のなかでも茶葉が直射日光に当たらないよう栽培された「玉露」や、強い太陽光にさらされる前に収穫される「新茶」です。テアニン効果を期待するなら、緑茶のなかでも特にうま味の強いものを選んでみるとよいでしょう。

カフェイン:「苦み」集中力UP・眠気覚ましに

コーヒーなどでおなじみのカフェインは、お茶の苦み成分です。中枢神経を興奮させることで、集中力の向上に役立ちます。先述したように、緑茶には鎮静作用のあるテアニンも含まれるため、カフェインの興奮作用がほどよく抑えられ、「一息ついて、もうひとがんばり!」という時にぴったりです。

3煎目までちゃんとおいしい!緑茶の淹れ方

緑茶を淹れる時、ポットからいきなり急須にお湯を注いでいませんか?確かに高温のほうが早く濃いお茶が出ますが、味が出きってしまうので2煎目は色がついているのに味のないお茶になってしまいます。

きちんと淹れれば普段使いの茶葉でも1煎目は強い香りと甘みを、2煎目はバランスのとれたうま味と渋み、3煎目はさわやかな渋みと、味の移り変わりが楽しめます。ここでは緑茶の代表格である煎茶のおいしい淹れ方をご紹介します。「これが同じ茶葉?」とおどろくほど、味が違ってきますよ。

おいしい緑茶を淹れるコツその1:茶葉とお湯の量

たいていの方が目分量で茶葉を量りますが、一度、適量かどうか確認してみましょう。3煎目まで淹れるなら、いつもより少し多めに茶葉を入れると最後までしっかりと味の変化を楽しめます。

1人分の茶葉は約2グラムで、小さじならすりきりで1~2杯です。お湯の量は器によって変わりますが1人分で50~150ccほどが目安です。お使いの湯呑みやマグカップに、どのくらいの容量があるのか、これを機会に量ってみてください。

おいしい緑茶を淹れるコツその2:水は軟水(水道水でOK!)

緑茶には軟水がよく合います。水にこだわるのも楽しいですが、日本の水のほとんどは「軟水」ですから、普段のお茶なら水道水で十分です。ただし、塩素などを除去するため、必ずしっかり沸騰させましょう。できれば沸騰してから弱火にしてさらに5分くらい沸かしてみてください。

市販のミネラルウォーターのうち、海外産の多くは「硬水」です。一般に緑茶を硬水で淹れると苦みや渋みが強く出すぎてしまい、うま味や甘みを感じにくいといわれています。

3煎目までおいしい緑茶の淹れ方

おいしい緑茶を淹れるポイントは、1煎ごとに「お湯の温度」と「蒸らし時間」を変えること。とはいえ、なにも難しいことはありません。温度計も不要ですから、ぜひ試してみてください。

1煎目は、沸騰させたお湯を、いったん湯呑みに注ぎます。触れられるくらいの温度(50℃くらい)になったら急須に注ぎ、フタをして1分ほど蒸らします。湯呑みに注ぐ時は、最後の1滴までしぼりきるようして入れましょう。
最後に急須の後ろを叩いて注ぎ口に偏った茶葉を平坦にして、フタを外しておきます。こうしておくことで急須の熱気を逃し、茶葉が蒸れすぎるのを防ぎます。

2煎目は、1煎目よりも熱い湯気が立つくらいのお湯(70℃くらい)を急須に注ぎます。茶葉は1煎目で開いているので、蒸らし時間は10~30秒で十分です。

3煎目は沸騰させたお湯(95℃くらい)を急須に注ぎ、5秒程度で蒸らしは終了。すぐに湯呑みに注ぎます。

カフェインで寝付きが心配な方へ

緑茶やコーヒー、紅茶など、カフェインが含まれる飲み物は睡眠を妨げるため、夜は飲んではいけないとよく耳にします。確かにカフェインは覚醒作用があるので、寝る前に摂取すると寝入りにくい方が多いようです。一般的にカフェインの効果がなくなるのは摂取してから5~7時間後とされているので、ベッドに入る時間から逆算してみて、飲んでよい時間かどうかを判断するとよいでしょう。

また、カフェインの摂り過ぎもよくないと聞きます。実際のどのくらいが摂り過ぎなのかというと個人差が大きく、日本では摂取許容量を定めていません。海外の主なリスク評価として、たとえば世界保健機関(WHO)は、カフェインの胎児への影響はまだ確定ではないとしつつ、妊婦に対してはコーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。ちなみに緑茶のカフェイン含有量はコーヒーの約半分です。

また、緑茶に限らず、カフェインを含む飲食物は鉄分の吸収を妨げる作用があります。鉄分摂取を心がけた食事の時にはカフェインの同時摂取は避ける、鉄分サプリを飲む時には水で飲むなど、工夫してみてください。

はるか昔から妙薬だと伝えられてきた緑茶は、現代になってさまざまな裏付けがなされています。そして、丁寧に淹れた緑茶の味は格別です。心も体もゆったりとほぐして、その後のやる気をみなぎらせてくれますよ。

関連するキーワード


健康の知識 簡単健康法

関連する投稿


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。