健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。

禅の教え「粥有十利」とは

おかゆといえば、1月7日の春の七草で味わう「七草粥」や、体調がよくない時に食べるイメージがあるかもしれません。中国では古くから、おかゆを朝食として食べる習慣があるそうです。日本のおかゆと中国のおかゆとでは少し違っていて、日本のおかゆは米を多めの水で炊いたものですが、中国のおかゆは米とスープを一緒にとろとろになるまで煮込みます。

ちなみに、禅の教えには「粥有十利(しゅうゆうじり)」という言葉があります。これは、おかゆを食べることで得られる10の利益について説いたもので、項目と意味は次のとおりです。おかゆを食べて1日をスタートさせることで、いきいきと健やかに過ごせそうです。

(1)色:肌の色ツヤを改善する
(2)力:体力と気力をアップする
(3)寿:寿命が延びる
(4)楽:胃にやさしく、体が楽になる
(5)詞清弁:頭の働きがよくなり、言葉が清く爽やかになる
(6)宿食除:消化がよい
(7)風除:風邪を防ぐ
(8)飢消:飢えを癒す
(9)渇消:のどの渇きを癒す
(10)大小便調適:便通を改善する

朝食におかゆがおすすめな理由

朝食におかゆを食べるとよいといわれるのはなぜでしょうか?その理由について、いくつか代表的なものを見ていきましょう。

体があたたまり冷えの解消につながる

朝、目覚めたばかりの体は体温が下がっています。朝食におかゆを食べると体が芯からあたたまり、効率よく体温を上げることができます。1日をスムーズにスタートできそうです。

胃腸に負担をかけずにエネルギーチャージ

おかゆは普通に炊いたごはんよりも消化されやすく、胃腸に負担をかけずに栄養を摂ることができます。また、あまり食欲がなくてもさらっと食べられて、しっかりとおなかを満たせます。

おいしく水分補給ができる

おかゆは水分を多く含んでいるため、水分補給にも役立ちます。寝ている間、体内からは大量の水分が失われています。忙しい朝でも、朝食におかゆを食べることで手軽に水分補給ができます。

意外と簡単!基本のおかゆの炊き方

おかゆの作り方は主に、生米から炊く「炊き粥」と、炊き上がったごはんから作る「入れ粥」の2種類があります。はじめに、シンプルな炊き粥のレシピをご紹介します。

<材料>
・米…1/2合
・水…600ミリリットル

<作り方>
米を研いでサッと水を切り、鍋に移します。その後、水を注いで中火にかけ、表面が煮立ってきたらしゃもじで底から混ぜ合わせます。しっかりと沸いたら弱火にして、鍋にフタをして30分ほど火にかけます。好みの固さになったら火を止め、底から混ぜ合わせてできあがり。

残りごはんや冷凍ごはんを使ってもっと簡単に作る方法

生米からおかゆを作る手間をかけられない場合は、残りごはんや冷凍ごはんを使っておかゆを作るのがおすすめです。ごはん100グラムに対して水1カップ(200ミリリットル)を用意し、一緒に鍋に入れて火にかけます。沸騰してきたらヘラでかき混ぜ、塩で味をととのえて完成です。

トッピングを加えて栄養価をプラス

あっさりした味わいのシンプルなおかゆもおいしいですが、お好きな食材をトッピングして、さらにおいしくアレンジしましょう。

「梅干し」で疲労回復

おかゆのお供として定番の梅干し。爽やかな酸味がおかゆのやさしい甘みを引き立ててくれます。梅干しの栄養については、以下の記事も参考にしてみてください。

「香り野菜」で食欲アップ

ショウガやネギなどの薬味を添えて。すがすがしい香りとピリッとした辛みが食欲をそそります。香り野菜の栄養については、以下の記事も参考にしてみてください。

朝に食べると、たくさんのうれしい効果が期待できるおかゆ。世田谷自然食品の「雑炊3種セット」は、魚介のうま味たっぷりのスープで炊き上げた、フリーズドライタイプの雑炊です。かに・ふぐ・紅鮭の3種類入りで、お湯を注ぐだけでお椀1杯分の雑炊が手軽に味わえます。忙しい朝の一品にぜひお役立てください。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。