健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。

いつもの野菜ジュース、冬はぜひホットで

ちょっとしたアレンジで飽きずに続けられる

野菜の栄養も摂れて、体の中からじんわりあたたまる、寒い季節にはおすすめのホット野菜ジュース。あたためてそのまま飲んでも美味しいですが、トマト系、にんじん系など味のベースに合わせて調味料などを足し、ちょっとアレンジすることで、毎日新鮮な味を楽しめます。

おみそ汁風の落ち着く味「味噌+ホット野菜ジュース」

トマト系の野菜ジュースがおすすめ

トマトと味噌はどちらもうま味成分「グルタミン酸」を豊富に含んでいますから、トマト系の野菜ジュースと味噌はまさに絶好の組み合わせ。洋風野菜と和の調味料とは思えないほど調和の取れた味になります。野菜ジュースが多めならコクのあるスープ風、味噌が多めならおみそ汁風と味わいも違ってくるので、少しずつ試しながらお好みの分量を見つけてみましょう。

トマトと味噌の組み合わせについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

液体味噌で手軽に作っても、鍋でじっくり煮込んでも

器に注いだホット野菜ジュースに、ボトルに入った液体味噌や顆粒味噌を注いでよく混ぜるだけでも美味しく召し上がれます。また、鍋であたためた野菜ジュースにお好みの具材と味噌を加えれば、献立を彩る汁物にもなりますよ。

濃厚な味わいが広がる「バター+ホット野菜ジュース」

トマト系にもにんじん系にも合う万能アレンジ

さっぱりとした野菜ジュースに濃厚な味わいを加えてくれるひとかけのバター。器に注いだホット野菜ジュースによく溶かすだけで、ゆっくり時間をかけて飲みたい味になります。「ひとかけ」の量は、野菜ジュース100~200ミリリットルに対して、5~10グラムくらいがおすすめ。これも、お好みに合う分量を探ってみてください。

バターの代わりにオリーブオイルでヘルシーに

バターのエネルギー量が気になる方は、オリーブオイルをひとさじ加えてヘルシーにアレンジしても美味しくいただけます。さらにバジルと粉チーズを加えて、イタリアン風にするのもおすすめです。

スープらしい味わいが増す「コンソメ+ホット野菜ジュース」

味を問わない万能アレンジ

「コンソメ+野菜ジュース」は、料理のレシピなどに登場することも多い組み合わせ。具材を加えなくても、うま味と塩味が加わったシンプルなスープとして美味しくいただけます。「コンソメ+水」でスープを作る場合、目安はコンソメ5グラム(キューブ1個)に対して水300ミリリットルほどといわれますが、野菜ジュースの場合はジュース自体の味も加わりますから、コンソメはもっと控えめの量でOK。少しずつ加えて、ちょうどいい味に仕上げましょう。

黒コショウやパセリ、粉チーズなどをプラスしても

召し上がる直前に黒コショウやパセリを加えれば、スパイシーな香りや爽やかな香りも楽しめてより深い味わいに。粉チーズでうま味をさらに足すのもおすすめです。

ポタージュやスイーツのようなやさしさ「牛乳・豆乳+ホット野菜ジュース」

トマト系の野菜ジュースはポタージュ風に、にんじん系だと甘くミルキーに

牛乳や豆乳をトマト系のホット野菜ジュースに加えると、酸味がまろやかになり、牛乳と生クリームで仕立てたポタージュスープのようなやさしい味わいに。にんじん系は、ジュースはジュースでもミックスジュースのような、ミルキーでまったりとした飲み心地に変化します。野菜ジュースが苦手な方にもおすすめのアレンジです。

「牛乳+トマト系」や、「豆乳+ホット野菜ジュース」はあたため過ぎに注意!

牛乳・豆乳でアレンジする際に気をつけたいのが、組み合わせや温度です。トマト系の野菜ジュースに牛乳を加えた場合、トマトの酸味成分と牛乳のたんぱく質が反応して、カッテージチーズのようなポロポロした塊ができてしまいます。また豆乳の場合はトマト系でもにんじん系でも、加熱し過ぎることでたんぱく質が分離し、同じようなポロポロした塊ができます。混ぜてからあたためるのではなく、あたためた野菜ジュースにサッと加えるようにしましょう。

ご紹介したアレンジ法は「バター+コンソメ+ホット野菜ジュース」や、「味噌+牛乳+ホット野菜ジュース」のように複数を組み合わせるのもおすすめです。世田谷自然食品で販売している野菜ジュース各種は、野菜本来が持つうま味・甘みを余すところなく引き出し作り上げているので、ホット野菜ジュースにぴったり。毎日、いろいろな味で楽しんでみてくださいね。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。