健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。


最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。

ゴボウを食べるのは日本だけ?

ゴボウの原産地はユーラシア大陸北部といわれています。日本には中国から薬用植物として渡来し、平安時代には野菜として食べられていたようです。日本の食卓になじみ深い野菜ですが、世界的に見るとゴボウを野菜として食べる文化があるのは、日本や韓国などごく一部の国だけだそう。近年、その豊富な栄養価が注目され、ヘルシーな食材として海外でも受け入れられはじめています。

西日本では、お正月のおせち料理に欠かせない「三つ肴」のひとつに「たたきゴボウ」が用いられます。ゴボウが細く長く地中にしっかり根を張る様子から、家の基礎が堅固であることを祈る意味が込められた縁起物です。

「三つ肴」については、下記の記事も参考にしてみてください。

おなかの調子や食後の血糖値が気になる方に

ゴボウの特筆すべき栄養素は食物繊維で、野菜のなかでもトップクラス。水溶性と不溶性の両方の食物繊維をバランスよく含んでいます。水溶性の食物繊維は水に溶けてゲル状になり、便をやわらかくします。不溶性の食物繊維は水分を吸い込んでふくらみ、便のかさを増やします。このダブルの働きによって便秘の解消につながり、腸内環境を整えるのに役立ちます。また、食物繊維には糖の吸収をゆるやかにする作用があり、食後の血糖値の上昇を抑える働きも期待できます。

ゴボウにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も豊富。クロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、お肌のシミやシワを予防する効果が期待できます。さらには、体内で脂肪の蓄積を抑える働きもあるとされています。いつまでも若々しくいるために、ゴボウは積極的に食べたい食材といえますね。

冷凍保存OK!ゴボウの賢い保存方法

ゴボウを買っても、使い切れずに保存に困ってしまうかもしれません。ゴボウならではの風味と食感を損なうことなく、おいしく長持ちさせるポイントをご紹介します。

常温保存の場合

気温が低い時期であれば常温保存ができます。ゴボウは泥が付いたままのほうが長持ちするため、洗わずに新聞紙で包み、風通しのよい冷暗所に立てて置いておきましょう。

冷蔵保存

気温が高い時期は、適度な長さに切ったゴボウを湿らせた新聞紙で包み、保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。あらかじめ洗ってあるものやカットされたものは、湿らせたキッチンペーパーで包んでからラップで包み、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

冷凍保存の場合

ゴボウは、生のままでも加熱してからでも冷凍保存が可能です。少し大きめにカットすることで水分が抜けにくくおいしさを保つことができます。生のままの場合、ぶつ切りまたはささがきにしたゴボウをサッと水にさらし、水分を拭き取ってからラップに包んで保存袋に入れて冷凍します。加熱する場合は、ささがきか千切りにしたゴボウをサラダ油で軽く炒めて冷まし、ラップに包んで保存袋に入れて冷凍します。いずれも1ヵ月ほど保存できます。

ゴボウを使った料理いろいろ

ゴボウを使ったレシピといえばきんぴらや煮物が定番ですが、今回ピックアップしたのは汁物。汁ごと食べるメニューなら、栄養を逃さずに摂ることができます。

ぼっかけ汁

福井県で食べられる、根菜類をたっぷり使った汁物。名前の通り、ご飯に“ぼっかけ(ぶっかけ)”ていただきます。ゴボウやニンジンなど、お好きな具材でアレンジできます。

「ぼっかけ汁」のレシピは、下記の記事を参考にしてみてください。

ひっつみ

季節の野菜を煮込んだすまし汁のなかに、小麦粉を練ったお団子をちぎり入れた岩手県の郷土料理。寒くなる季節におすすめの、体をあたためてくれる汁物です。

「ひっつみ」のレシピは、下記の記事を参考にしてみてください。

ブリのあら汁

冬に旬を迎えるブリを余すところなく味わうおみそ汁。ゴボウや大根などの根菜類を大きめに切って入れることで、食べごたえのある一品のできあがり。

「ブリのあら汁」のレシピは、下記の記事を参考にしてみてください。

世田谷自然食品の「いわしとごぼう」は、脂ののった国産の真いわしと歯ざわりのよいゴボウを炊き上げた煮物。具材を一度蒸してから煮込むことでうま味を閉じ込め、なかまで味がしみた上品な味わいを楽しめます。缶詰タイプで手軽に味わえます。

さまざまな料理に活躍するうえに栄養たっぷりのゴボウ。秋から冬にかけて旬を迎え、おいしさが増します。お好きなメニューで味わってみてください。

関連するキーワード


食の知識 野菜の豆知識

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。