健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|「飴色タマネギ」が10分で。まとめて作って活用しよう

健康メニュー|「飴色タマネギ」が10分で。まとめて作って活用しよう

タマネギのうま味がギュッと凝縮した飴色タマネギ。とてもおいしいですが、作るとなると数十分から1時間炒め続けなくてはならない……というのがこれまでの常識でした。お家で飴色タマネギを作るなら、冷凍したタマネギを使うのがおすすめ。10分ほどで飴色タマネギができあがりますよ!今回は、飴色タマネギの簡単レシピをご紹介します。


タマネギのうま味がギュッと凝縮した飴色タマネギ。とてもおいしいですが、作るとなると数十分から1時間炒め続けなくてはならない……というのがこれまでの常識でした。お家で飴色タマネギを作るなら、冷凍したタマネギを使うのがおすすめ。10分ほどで飴色タマネギができあがりますよ!今回は、飴色タマネギの簡単レシピをご紹介します。

冷凍タマネギを使った「飴色タマネギ」の作り方

タマネギは栄養がたっぷりで、和食や洋食、中華など多彩な料理に使える万能野菜。長期保存も可能で、冷暗所においておけば2ヵ月は持ちます。そんなタマネギですから、わざわざ冷凍保存する機会はあまりないかもしれません。しかし、実は冷凍することによって得られるメリットがあります。

タマネギは、冷凍すると細胞内の水分が凍って細胞が壊れ、火が通りやすくなります。そのため調理時間が断然短くなるのです。そのため、通常なら数十分から1時間ほどかかる飴色タマネギを、10分ほどで作ることができます。それでは飴色タマネギの作り方をご紹介します。

(1)タマネギをスライスして冷凍する

タマネギを薄切りまたはみじん切りにします。冷凍用の保存袋に切ったタマネギを入れ、空気をよく抜いて密閉。タマネギが平らになるようにととのえ、冷凍します。

(2)冷凍タマネギを強火で炒める

冷凍タマネギを保存袋に入れたまま軽くほぐし、フライパンにオイルを敷いて強火で炒めます。溶けてきたらタマネギを木べらでかき混ぜながら炒めます。

(3)水を加えてさらに炒め、飴色になったら完成

焦げてきたら少量の水を加え、木べらで焦げをこそげ取り、タマネギに絡ませるようにさらに強火のまま炒めます。5分ほどでタマネギが飴色になります。

飴色タマネギはたくさん作って冷凍がおすすめ

飴色タマネギは保存ができるので、あらかじめ多めに作っておくと手軽に使えて便利。冷凍保存なら2週間、冷蔵保存でも3~4日間を目安に保存できます。

冷凍保存のポイントは、使いやすい量で小分けにしてラップでぴったりと包むこと。小分けにした飴色タマネギはさらにまとめて保存袋に入れ、密閉して冷凍します。解凍する際は、カレーやハンバーグなら電子レンジで解凍を。スープなら凍ったまま入れて、加熱して使います。

ちなみに、生のタマネギを冷凍保存する場合も、小分けにしてラップで包み、保存袋に入れます。その際、キッチンペーパーで水分を取り除くのがポイント。冷凍庫で3週間~1ヵ月保存できます。

かさが減るから、たくさん食べられる

甘みが増し、コクが感じられる飴色タマネギは、おいしいうえに、かさが減ったぶんたくさん食べられます。そしてタマネギは栄養も豊富。タマネギに含まれる栄養や効能を見ていきましょう。

血液をサラサラにするアリシン

タマネギの栄養素として特徴的なのが、辛味成分の元になっている硫化アリル。アリシンという成分に変化し、血行を促進する作用があるため、血液をサラサラにして血栓ができるのを予防する効果が期待できます。

抗酸化作用が期待できるケルセチン

タマネギには、ポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富に含まれています。ケルセチンは、抗酸化作用や疲労回復、コレステロールを下げる作用など、さまざまな体によい効果があるといわれています。

むくみを予防するカリウム

タマネギを食べるとカリウムも摂取できます。カリウムは体内で余分な塩分を体外に排出する作用があります。塩分を摂りすぎる傾向にある現代人のむくみ対策に欠かせない栄養素です。

冷凍した「飴色タマネギ」はこう使おう

調理時間を短縮できて、甘みもいっぱいの飴色タマネギ。簡単にできておいしい、飴色タマネギを使ったおすすめレシピをご紹介します。

おすすめレシピ1:オニオンスープ

水と冷凍した飴色タマネギを鍋に入れて加熱。飴色タマネギを溶かすように混ぜましょう。沸騰したら、市販のコンソメスープを入れるだけ。塩・こしょうで味をととのえてできあがりです。

世田谷自然食品では、野菜本来のおいしさと具材感が味わえる「オニオンスープ」を販売。レトルトタイプなので、あたためるだけで手軽にいただけます。

おすすめレシピ2:カレー

お好みの肉や野菜を煮込みます。解凍した飴色タマネギを加えて混ぜ、一度火を止めて市販のカレールウを加えます。弱火で10分程度煮込んだら完成です。

冷凍したタマネギを活用することで、たった10分で作れる飴色タマネギ。スープやカレーなどいろいろな料理に取り入れて、慌ただしい日もおいしい時間を楽しんでみてくださいね。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。