健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。

ビーフストロガノフとは?

ビーフストロガノフは、薄切りにした牛肉やタマネギ、マッシュルームを炒め、サワークリーム入りのスープで軽く煮込んだロシア料理。日本では、デミグラスソースがベースに使われていることが多いです。

ビーフストロガノフが誕生したのは19世紀のこと。「ストロガノフ」の名前の由来は、サンクトペテルブルクにあるストロガノフ家宮殿で誕生したという説や、ストロガノフ伯爵家で催された晩餐会への来客が急に増え、料理長がステーキ用の肉を薄く切って即興で考案した料理だったという説など、さまざまです。

また、ビーフの語源は牛肉の「Beef」ではなく、ロシア語で「~風」を意味する「Bef(ビフ/ベフ)」。ビーフストロガノフはロシア語で「Befstoroganov」と書きます。

ビーフストロガノフの定番具材とその栄養

ビーフストロガノフは、おいしくて栄養バランスにも優れたスタミナ料理。そこで、定番具材のそれぞれの栄養を見ていきましょう。

良質なたんぱく質が豊富な牛肉

牛肉の良質なたんぱく質は、人間が体内で合成できない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。たんぱく質をエネルギーに変換するビタミンB2やB6、B12などのビタミンB群も豊富。また、新陳代謝をサポートする亜鉛や、貧血の予防になる鉄などの栄養素も含まれています。

血管の老化を防ぐタマネギ

タマネギ特有の辛味成分の元になっている硫化アリルは、アリシンに変化し、血管を広げて血行を改善する効果が期待できます。また、強い抗酸化作用や疲労回復効果を持つといわれるポリフェノールの一種、ケルセチンも多く含まれています。

タマネギの栄養について、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

低カロリーで栄養いっぱいのマッシュルーム

マッシュルームは、100グラムで11キロカロリーとヘルシーでありながら栄養満点。腸内の有害物質をからめとり、コレステロールを下げる効果も期待できる食物繊維や、水分調整を行う働きがあるカリウム、糖質や脂肪酸の代謝をスムーズにするパントテン酸、効率よくエネルギーを作るナイアシンなどが含まれています。

ビーフストロガノフと組み合わせたい副菜

ビーフストロガノフと一緒に味わいたい、栄養価をさらにアップさせる副菜をご紹介します。

おすすめの副菜1:じゃがバター

ビーフストロガノフには、バターライスや揚げたじゃがいもを添えるのが定番。じゃがいもとバターを組み合わせたじゃがバターは、サイドメニューにぴったりです。じゃがいものビタミンCは加熱に強く、牛肉の栄養素である鉄分の吸収を助けます。カロリーが気になる場合は、油を使わずにふかしたじゃがいもがおすすめです。

おすすめの副菜2:クレソンサラダ

肉料理のアクセントとして添えられるクレソン。さわやかな辛味があり、口の中がさっぱりするので箸休めにおすすめです。これはシニグリンという栄養素の効果で、肉の消化を助けてくれるともいわれています。また、ビタミンCも豊富で、牛肉の鉄分の吸収を高めます。ドレッシングをレモン系にすれば、クエン酸がさらに鉄分の吸収をサポートしてくれます。

世田谷自然食品の「シェフ仕立て 洋食グルメ便」は、熟練のシェフが手がけたメニューや素材にこだわった逸品が届く本格洋食セット。お届け品に「ビーフストロガノフ」も含まれています。

牛肉をたっぷり使ったビーフストロガノフは、栄養満点の料理。もう一品を添えれば、食卓がますます充実します。ぜひ楽しく作っておいしく味わってみてくださいね。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。