健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。


里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。

十五夜のお供に「里芋」を食べる

里芋はインドからインドシナ半島にかけての熱帯地方が原産地。日本に伝わったのは稲作が始まる前の縄文時代頃で、日本人は米よりも前に里芋を主食としていたといわれます。そんな里芋をお供えするのが、旧暦8月15日の「中秋の名月」とも呼ばれる十五夜。芋の収穫時期でもあるため、この日は秋の収穫を祝う「芋名月」として、月見団子とともに里芋を供えてお月見をする習慣があります。

十五夜のお供え物といえば、月見団子もよく知られていますが、昔から儀礼食に欠かせない食材だった里芋をお供えしながら、里芋料理を味わってみるのはいかがでしょういか。

東北地方の秋の風物詩「芋煮会」、京都では「里芋田楽」

芋煮会は東北地方、特に山形県や宮城県の秋の風物詩といえるイベント。芋煮の「芋」とは里芋のことで、里芋をメインにした鍋料理を河原などの野外で食べる芋煮会は、東北の秋の恒例イベントとして楽しまれており、山形では毎年、巨大鍋で芋煮を調理する「日本一の芋煮会フェスティバル」も開催されているほどです。芋煮の具材は地方により異なり、最もよく知られる山形風は里芋と牛肉、ネギなどを醤油で味付けて煮込みますが、同じ山形県でも日本海側庄内地方、そして宮城県では里芋と豚肉、野菜を味噌で味付けしています。

また、京都では里芋を模した団子をお供えしており、団子のように竹串に里芋を刺して白味噌を塗って焼いた里芋田楽も、秋の風物詩として味わえる行事食のひとつです。

奈良・京都では正月のお雑煮にも「里芋」

お正月に食べるお雑煮は、地方によって味付けや具材が大きく異なるもので、奈良や京都では里芋をお雑煮の具材に使用しています。

奈良と京都のお雑煮は、いずれも白味噌ベースに「頭芋(かしらいも)」と呼ばれる大きな里芋の親芋と丸餅、ダイコンと京野菜「金時人参」の具材が入ります。かつては、その家の主人と長男のみ、丸ごと入れた頭芋を1個食べなければならなかったのだとか。頭芋は子孫繁栄や立身出世を意味し、「人の上に立つ頭(かしら)になるように」という願いを込めて、大きな頭芋をお雑煮に丸ごと入れるのが、大きな特徴です。

慢性の便秘には、里芋を常食

イモ類は糖質が多いため、食べる量を控える方もいるかもしれません。確かに里芋は糖質を多く含みますが、同じイモ類のジャガイモやサツマイモよりもカロリーは控えめで、ビタミン、ミネラルを多く含む、栄養価が高い食べ物なのです。しかも、里芋は水溶性食物繊維を多く含み、腸内環境を整える整腸作用があるので、里芋を食べることで慢性の便秘を改善させる効果が見込めます。

また、里芋には独特のぬめりがありますが、このぬめりには胃の粘膜を保護したり腸の働きを活発にしたりする効果のほか、血圧を下げて血中コレステロールを減らす効果、抗酸化作用による疲労回復効果なども期待できます。

中秋の名月のお供え物である里芋は、秋のイベントやお正月のお雑煮の定番具材。栄養価も高いので、季節の行事に合わせてさまざまな調理方法で里芋を味わってみましょう。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。