健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。


米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。

フルーティーな味わいが好みなら「大吟醸酒」か「吟醸酒」

日本酒にはさまざまな種類がありますが、原料として醸造アルコールが使用されているかいないかで大きく2つに分類されます。水・米・米麹だけを使い醸造アルコールを加えないものは「純米酒」、水・米・米麹のほかに醸造アルコールを加えているものは「本醸造酒」と呼ばれています。

純米酒は、米本来のうま味が感じられ、コクのある飲み口が特徴。原料となる米の精米歩合によってさらに4種類に分類されます。精米歩合が50%以下なら「大吟醸酒」、60%以下なら「吟醸酒」、60%以下または特別な製造方法で醸されるものを「特別純米酒」といいます。さらに、精米歩合の規制がない「純米酒」もあります。

なかでも大吟醸酒と吟醸酒は、いずれも原料となる米を磨き上げて使っているため、雑味がなくクリアな味わい。吟醸香という華やかでフルーティーな香りも楽しめます。吟醸香とは発酵の過程で生成される香り成分で、リンゴやナシのような爽やかなタイプと、バナナやメロンのような甘いタイプがあります。

お手頃価格、たまの晩酌なら「本醸造酒」

気軽に晩酌を楽しみたいなら、本醸造酒はいかがでしょうか。本醸造酒とは、精米歩合70%以下の米と米麹、水を使い、さらに風味を引き立てるために醸造アルコールを添加した日本酒のこと。添加できる醸造アルコールは、原料となる白米の総重量の10%以下と定められています。本醸造酒はクセがなく軽やかな飲み口で、いろいろなお料理と相性抜群。キリッと冷やして味わいましょう。手頃な価格で購入できるのもうれしいポイントです。

利き酒に便利な「蛇の目のおちょこ」の使い方

日本酒を飲む時、青い二重丸が描かれた白いおちょこを見たことはないでしょうか。この模様は「蛇の目」と呼ばれ、蛇の目のおちょこはもともと利き酒をする時のために作られたもの。器の白い部分で日本酒の色味や濃淡を、柄の青い部分で日本酒の透明度や輝きをチェックするのだそうです。よく見かけるのは3勺(約54ミリリットル)や5勺(約90ミリリットル)のサイズですが、なかにはもう少し大きいぐい呑みサイズもあります。ご家庭で日本酒を味わう時に使ってみると、気分が盛り上がりそうですね。

日本酒の裏ラベルは情報の宝庫

日本酒を選ぶ時に確認したいのが、瓶に付いているラベル。日本酒のラベルは大きく分けると3つ(表ラベル・方ラベル・裏ラベル)があります。それぞれに書かれている情報を正しく読み取れるようになると、日本酒選びがますます楽しくなりますよ。

表ラベル

瓶の正面に貼られた大きなラベルで、銘柄や商品名などが書かれています。バラエティに富んだデザインで、それぞれの蔵元の個性があらわれます。まずは気に入ったデザインのものを選んでみましょう。

肩ラベル

表ラベルの上に貼られた小さいラベルで、原料の米の種類や製造方法などが記されています。その日本酒が特にアピールしたい特徴なので必ずチェックしましょう。

裏ラベル

表ラベルの反対側に貼られたラベルで、原材料名や製造年月日、アルコール度数などが書かれています。甘口・辛口・中口のように飲み口について記されている場合もあるので、味わいを想像しながら選んでみましょう。

悪酔いを避け、おいしく飲むには「和らぎ水」をお供に

飲み口がよくおいしいからといって、ついつい飲みすぎてしまいがちな日本酒。悪酔いするのを避けるためには、酔い方を緩やかにしてくれる「和らぎ水」を取り入れてみてください。和らぎ水とは、日本酒を飲みながら口にする水のこと。洋酒を飲む時の「チェイサー」と同じものです。日本酒と和らぎ水を交互にゆっくり飲むことで、胃への刺激を和らげる効果が期待できます。

和らぎ水を飲むメリットはもうひとつあります。口のなかをリフレッシュさせることができるため、次に口にするお酒やお料理の味をよりはっきりと感じられるようになります。日本酒を味わう時は、手元にコップ1杯の水を用意しましょう。

「和らぎ水」については、下記の記事も参考にしてみてください。

世田谷自然食品の「全国酒蔵巡り旅 ご当地厳選日本酒コース」は、全国各地の酒蔵からおいしい日本酒が毎月ご自宅に届くサービス。それぞれの酒蔵や風土によって異なる味わいを、心ゆくまで堪能できます。知れば知るほど奥が深い日本酒の世界に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。