健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。


米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。

フルーティーな味わいが好みなら「大吟醸酒」か「吟醸酒」

日本酒にはさまざまな種類がありますが、原料として醸造アルコールが使用されているかいないかで大きく2つに分類されます。水・米・米麹だけを使い醸造アルコールを加えないものは「純米酒」、水・米・米麹のほかに醸造アルコールを加えているものは「本醸造酒」と呼ばれています。

純米酒は、米本来のうま味が感じられ、コクのある飲み口が特徴。原料となる米の精米歩合によってさらに4種類に分類されます。精米歩合が50%以下なら「大吟醸酒」、60%以下なら「吟醸酒」、60%以下または特別な製造方法で醸されるものを「特別純米酒」といいます。さらに、精米歩合の規制がない「純米酒」もあります。

なかでも大吟醸酒と吟醸酒は、いずれも原料となる米を磨き上げて使っているため、雑味がなくクリアな味わい。吟醸香という華やかでフルーティーな香りも楽しめます。吟醸香とは発酵の過程で生成される香り成分で、リンゴやナシのような爽やかなタイプと、バナナやメロンのような甘いタイプがあります。

お手頃価格、たまの晩酌なら「本醸造酒」

気軽に晩酌を楽しみたいなら、本醸造酒はいかがでしょうか。本醸造酒とは、精米歩合70%以下の米と米麹、水を使い、さらに風味を引き立てるために醸造アルコールを添加した日本酒のこと。添加できる醸造アルコールは、原料となる白米の総重量の10%以下と定められています。本醸造酒はクセがなく軽やかな飲み口で、いろいろなお料理と相性抜群。キリッと冷やして味わいましょう。手頃な価格で購入できるのもうれしいポイントです。

利き酒に便利な「蛇の目のおちょこ」の使い方

日本酒を飲む時、青い二重丸が描かれた白いおちょこを見たことはないでしょうか。この模様は「蛇の目」と呼ばれ、蛇の目のおちょこはもともと利き酒をする時のために作られたもの。器の白い部分で日本酒の色味や濃淡を、柄の青い部分で日本酒の透明度や輝きをチェックするのだそうです。よく見かけるのは3勺(約54ミリリットル)や5勺(約90ミリリットル)のサイズですが、なかにはもう少し大きいぐい呑みサイズもあります。ご家庭で日本酒を味わう時に使ってみると、気分が盛り上がりそうですね。

日本酒の裏ラベルは情報の宝庫

日本酒を選ぶ時に確認したいのが、瓶に付いているラベル。日本酒のラベルは大きく分けると3つ(表ラベル・方ラベル・裏ラベル)があります。それぞれに書かれている情報を正しく読み取れるようになると、日本酒選びがますます楽しくなりますよ。

表ラベル

瓶の正面に貼られた大きなラベルで、銘柄や商品名などが書かれています。バラエティに富んだデザインで、それぞれの蔵元の個性があらわれます。まずは気に入ったデザインのものを選んでみましょう。

肩ラベル

表ラベルの上に貼られた小さいラベルで、原料の米の種類や製造方法などが記されています。その日本酒が特にアピールしたい特徴なので必ずチェックしましょう。

裏ラベル

表ラベルの反対側に貼られたラベルで、原材料名や製造年月日、アルコール度数などが書かれています。甘口・辛口・中口のように飲み口について記されている場合もあるので、味わいを想像しながら選んでみましょう。

悪酔いを避け、おいしく飲むには「和らぎ水」をお供に

飲み口がよくおいしいからといって、ついつい飲みすぎてしまいがちな日本酒。悪酔いするのを避けるためには、酔い方を緩やかにしてくれる「和らぎ水」を取り入れてみてください。和らぎ水とは、日本酒を飲みながら口にする水のこと。洋酒を飲む時の「チェイサー」と同じものです。日本酒と和らぎ水を交互にゆっくり飲むことで、胃への刺激を和らげる効果が期待できます。

和らぎ水を飲むメリットはもうひとつあります。口のなかをリフレッシュさせることができるため、次に口にするお酒やお料理の味をよりはっきりと感じられるようになります。日本酒を味わう時は、手元にコップ1杯の水を用意しましょう。

「和らぎ水」については、下記の記事も参考にしてみてください。

世田谷自然食品の「全国酒蔵巡り旅 ご当地厳選日本酒コース」は、全国各地の酒蔵からおいしい日本酒が毎月ご自宅に届くサービス。それぞれの酒蔵や風土によって異なる味わいを、心ゆくまで堪能できます。知れば知るほど奥が深い日本酒の世界に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。


健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

イタリア料理やその食材が広まるにつれて、日本でも食べられることが多くなった「アクアパッツァ」。魚介中心なので、イタリア料理の中でもヘルシーなメニューです。今回は、アクアパッツァの定番具材とその栄養についてご紹介します。


野菜の豆知識|ケール β-カロテンもカルシウムも豊富な緑黄色野菜の王様

野菜の豆知識|ケール β-カロテンもカルシウムも豊富な緑黄色野菜の王様

日本では青汁や野菜ジュースの原料として知られる「ケール」。ビタミンやミネラルをはじめとするさまざまな栄養素をバランスよく豊富に含み、「緑黄色野菜の王様」と呼ばれるほど。海外ではスーパーフードとして人気を集めています。今回は、意外と知らないケールの特徴や栄養素、おいしい食べ方などについてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。