健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

毎日の食事は、生活の基本となる重要なものです。そんな食について学ぶ「食育」では、どのようなことを学べるのでしょうか。今回は、食育の基本や楽しく食育を学ぶ方法など、食育について解説していきます。


毎日の食事は、生活の基本となる重要なものです。そんな食について学ぶ「食育」では、どのようなことを学べるのでしょうか。今回は、食育の基本や楽しく食育を学ぶ方法など、食育について解説していきます。

食育とは

「食育」という言葉を聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなことなのか、答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか。

食育は、農林水産省が「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てるもの」と定義しています。つまり、生活する上での基礎となるもので、そのための基本的な食事や食習慣について学ぶこと。2005年には食育基本法が制定され、毎月19日は「食育の日」に定められています。

食育について学ぶことにより、健康的で精神面でも安定した暮らしができる、周囲の人と食事をすることで協調性が身につくなどのメリットが得られます。

さまざまな面から食に向き合うのが食育

農林水産省の食育の定義を読んでも、いまいちピンとこないかもしれませんが、食育はそこまで難しいものではありません。生活する上で欠かせない食事を通して、さまざまなことを学ぶものです。例えば料理体験をしてみる、食事マナーを学ぶ、バランスの取れた食事をする、なども食育のひとつです。料理に使われている食材について学んだり、まだ食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」について知ったりするなど、食育として学べる内容は多岐にわたります。

毎日の食事でも、食育として学べるポイントがあります。特に近年、一人きりで食事を取る「孤食(こしょく)」が増えています。食事の場はコミュニケーションの場でもありますから、孤食が増えると食事を通した家族とのコミュニケーションが減り、子どもの場合は栄養バランスが偏ったり、食事マナーが身につかなかったりする影響も考えられます。そこで家族そろって楽しく食事を食べる「共食(きょうしょく)」を行うことも、大事な食育となるのです。

「無理に食べさせる」は間違った食育の元

学校給食で残そうとすると、先生が全部食べるまで居残りをさせるような「完食指導」が行われることがあります。また、部活動などで大量の食事を強制されるケースも見られます。このような無理な食事の指導は悪影響を及ぼす可能性があり、指導が原因で人前での食事に不安を感じる会食恐怖症になったり、食が進まなくなったりする人もいるほどです。文部科学省では完食指導を推奨していませんが、実際の教育現場ではまだ完食指導を続けているケースもあることが問題視されています。

好き嫌いで食べ物を残すことは、食品ロスなどを考えると好ましいことではありません。しかし完食指導で無理に食べさせることは、後々の食事に大きく影響を与えることもあるため、誤った食育とされています。食べられる量や食べられるもの、食べるスピードなど、一人ひとり異なる状況に合わせた食事の指導を行うことが求められます。

「楽しく食べる」が食育の基本

完食指導や無理な食事指導、一人きりの食事は、食事に拒否感を持ってしまったり、楽しさを感じなくしまったりする原因です。食育の基本は、「楽しく食べること」。毎日の食事を楽しくするために、好き嫌いせずに出されたものを全て残さず食べることはルールではなく、あくまでも目標までにとどめておくこともポイントです。目標も、絶対に達成するべきものよりも、楽しく取り組める目標として設定しましょう。その他、料理体験や、農業体験をして食材がどのように作られるかを知るなど、食について楽しく学ぶ機会を作ると、楽しく食べるきっかけのひとつになります。

食事は毎日必ず取るものだからこそ、正しい知識や習慣を身につけておきたいものです。まずは食べる楽しみを見つけることから、食について学んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。