健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

毎日の食事は、生活の基本となる重要なものです。そんな食について学ぶ「食育」では、どのようなことを学べるのでしょうか。今回は、食育の基本や楽しく食育を学ぶ方法など、食育について解説していきます。


毎日の食事は、生活の基本となる重要なものです。そんな食について学ぶ「食育」では、どのようなことを学べるのでしょうか。今回は、食育の基本や楽しく食育を学ぶ方法など、食育について解説していきます。

食育とは

「食育」という言葉を聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなことなのか、答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか。

食育は、農林水産省が「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てるもの」と定義しています。つまり、生活する上での基礎となるもので、そのための基本的な食事や食習慣について学ぶこと。2005年には食育基本法が制定され、毎月19日は「食育の日」に定められています。

食育について学ぶことにより、健康的で精神面でも安定した暮らしができる、周囲の人と食事をすることで協調性が身につくなどのメリットが得られます。

さまざまな面から食に向き合うのが食育

農林水産省の食育の定義を読んでも、いまいちピンとこないかもしれませんが、食育はそこまで難しいものではありません。生活する上で欠かせない食事を通して、さまざまなことを学ぶものです。例えば料理体験をしてみる、食事マナーを学ぶ、バランスの取れた食事をする、なども食育のひとつです。料理に使われている食材について学んだり、まだ食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」について知ったりするなど、食育として学べる内容は多岐にわたります。

毎日の食事でも、食育として学べるポイントがあります。特に近年、一人きりで食事を取る「孤食(こしょく)」が増えています。食事の場はコミュニケーションの場でもありますから、孤食が増えると食事を通した家族とのコミュニケーションが減り、子どもの場合は栄養バランスが偏ったり、食事マナーが身につかなかったりする影響も考えられます。そこで家族そろって楽しく食事を食べる「共食(きょうしょく)」を行うことも、大事な食育となるのです。

「無理に食べさせる」は間違った食育の元

学校給食で残そうとすると、先生が全部食べるまで居残りをさせるような「完食指導」が行われることがあります。また、部活動などで大量の食事を強制されるケースも見られます。このような無理な食事の指導は悪影響を及ぼす可能性があり、指導が原因で人前での食事に不安を感じる会食恐怖症になったり、食が進まなくなったりする人もいるほどです。文部科学省では完食指導を推奨していませんが、実際の教育現場ではまだ完食指導を続けているケースもあることが問題視されています。

好き嫌いで食べ物を残すことは、食品ロスなどを考えると好ましいことではありません。しかし完食指導で無理に食べさせることは、後々の食事に大きく影響を与えることもあるため、誤った食育とされています。食べられる量や食べられるもの、食べるスピードなど、一人ひとり異なる状況に合わせた食事の指導を行うことが求められます。

「楽しく食べる」が食育の基本

完食指導や無理な食事指導、一人きりの食事は、食事に拒否感を持ってしまったり、楽しさを感じなくしまったりする原因です。食育の基本は、「楽しく食べること」。毎日の食事を楽しくするために、好き嫌いせずに出されたものを全て残さず食べることはルールではなく、あくまでも目標までにとどめておくこともポイントです。目標も、絶対に達成するべきものよりも、楽しく取り組める目標として設定しましょう。その他、料理体験や、農業体験をして食材がどのように作られるかを知るなど、食について楽しく学ぶ機会を作ると、楽しく食べるきっかけのひとつになります。

食事は毎日必ず取るものだからこそ、正しい知識や習慣を身につけておきたいものです。まずは食べる楽しみを見つけることから、食について学んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。


健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

日常生活にアロマを取り入れている人は、そうでない人に比べて幸せ度が高いという説があります。気持ちの切り替えやリラックス、リフレッシュと、アロマは効果的なセルフメンテナンス法のひとつです。そこで今回は、マグカップを使ってすぐできる芳香浴の方法と、秋冬の不調におすすめのアロマをご紹介します。


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。