健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|涼しげ&ヘルシー!寒天を使った「夏の和菓子」 いろいろ

健康メニュー|涼しげ&ヘルシー!寒天を使った「夏の和菓子」 いろいろ

暑い夏は、涼しさを感じられるお菓子が欲しくなるもの。そんな時は、ヘルシーな寒天を使った和菓子がおすすめです。そこで今回は、寒天を使った夏向けの和菓子をご紹介します。寒天の基本的な使い方もあわせて見ていきましょう。


暑い夏は、涼しさを感じられるお菓子が欲しくなるもの。そんな時は、ヘルシーな寒天を使った和菓子がおすすめです。そこで今回は、寒天を使った夏向けの和菓子をご紹介します。寒天の基本的な使い方もあわせて見ていきましょう。

おいしくて頼りになる健康食材「寒天」

テングサなどの海藻を原料にした寒天は、涼やかな見た目とツルンとした口当たりで夏の暑い時期でも食べやすい食材です。寒天は食物繊維たっぷりの海藻が原料なので、便秘の改善などの整腸作用が期待できます。また、水分が多い寒天はボリューム感があり、食べた後も胃の中で水分を含んで膨張するので満腹感を得られやすい特徴があります。しかもカロリーがほとんど含まれずヘルシーなため、ダイエット中のデザートにもおすすめの食材です。

寒天についての詳しい情報は、以下のリンクも参照してみてください。

基本の「粉寒天」の使い方

寒天は、形状の違いによりパウダー状の「粉寒天」、棒状の「棒寒天」、細い糸のような「糸寒天」の3種類があります。この中で最もよく使われるのは、粉寒天です。棒寒天と糸寒天は使う前に水で戻す必要がありますが、粉寒天には水で戻す工程が必要なく、手軽に使えます。

粉寒天の使い方は、水と一緒に鍋に入れて中強火で煮溶かし、型に入れて好みの材料を加えて、冷やし固める3ステップのシンプルな方法です。その際、アクは取らず、砂糖は寒天が溶けてから加えるのがポイントです。

粉寒天の使い方の3ステップを応用するだけで、バラエティ豊かな寒天の和菓子が作れます。

作り置きしてダイエットに「基本のプレーン寒天」

あんみつやみつ豆など、寒天を使ったデザートに使われる味をつけない基本の寒天は、ダイエット中のおやつにも最適。作り置きしておけば、食べる時に黒蜜やあずきなどを加えてさまざまな味で楽しめます。はちみつやオリゴ糖などの甘味料も、甘さを調整しやすいのでおすすめ。

プレーン寒天は、水と寒天だけで作ります。普通の粉寒天なら500ccの水に対して4グラム、弾力の強い粉寒天は水を700ccに増やして火にかけて煮溶かし、冷やし固めるだけでできあがります。

懐かしい甘さ「みかん寒天」

市販のみかんの缶詰を使えば、昔懐かしい味わいのみかん寒天を簡単に作れます。最初にみかんの缶詰をみかんとシロップに分けておき、粉寒天にシロップを加えて加熱します。煮立った後に弱火にして砂糖を加え、寒天が溶けたら火を止めてみかんを加えて型に流し込みましょう。粗熱が取れた後に冷蔵庫で冷やせば、素朴な甘さが味わえるみかん寒天のできあがりです。

なお、酸に弱い寒天は、柑橘などの酸を加えて煮ると固まりにくくなってしまいます。柑橘の果汁など酸味のあるものを寒天に加える際は、火を止めてから寒天が固まる寸前に加えるのがベストです。

市販のこしあんで「水ようかん」

寒天に市販のこしあんを加えれば、夏らしい涼しげなデザート「水ようかん」になります。水ようかんを作る時のポイントは、棒寒天または糸寒天を使うこと。棒寒天と糸寒天は弾力や粘りのある仕上がりになるのに対し、粉寒天はコリコリとした食感です。そのため、水ようかんを作る際は棒寒天または糸寒天の方が適しています。

作り方は、水につけて戻した棒寒天または糸寒天を水と一緒に鍋に入れて煮溶かしていきます。完全に寒天が溶けてから砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止めましょう。市販のこしあんを入れたボウルに、溶けた寒天をザルで濾しながら流し込んでいきます。ヘラなどでこしあんを寒天に溶かしてから再度鍋に戻して中火で加熱し、沸騰したら火を止めて鍋ごと水で冷やしながら混ぜて粗熱を取ります。40℃程度に冷えたら、型に流し込んで3時間以上冷蔵庫で冷やし固めると、シンプルな水ようかんができます。

寒天を使ったお菓子は自宅でも手軽に手作りできますが、世田谷自然食品でも寒天を使った「かんてん和菓子3種セット」を販売しています。国産テングサのみを使用し、昔ながらの製法で作られた寒天はコシと弾力があり、上品な甘さで飽きずに食べられます。

見た目にも涼しげな寒天は、夏のおやつとしてぴったり。いろいろなアレンジをして、暑い時期のデザートとして味わってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。