健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|涼しげ&ヘルシー!寒天を使った「夏の和菓子」 いろいろ

健康メニュー|涼しげ&ヘルシー!寒天を使った「夏の和菓子」 いろいろ

暑い夏は、涼しさを感じられるお菓子が欲しくなるもの。そんな時は、ヘルシーな寒天を使った和菓子がおすすめです。そこで今回は、寒天を使った夏向けの和菓子をご紹介します。寒天の基本的な使い方もあわせて見ていきましょう。


暑い夏は、涼しさを感じられるお菓子が欲しくなるもの。そんな時は、ヘルシーな寒天を使った和菓子がおすすめです。そこで今回は、寒天を使った夏向けの和菓子をご紹介します。寒天の基本的な使い方もあわせて見ていきましょう。

おいしくて頼りになる健康食材「寒天」

テングサなどの海藻を原料にした寒天は、涼やかな見た目とツルンとした口当たりで夏の暑い時期でも食べやすい食材です。寒天は食物繊維たっぷりの海藻が原料なので、便秘の改善などの整腸作用が期待できます。また、水分が多い寒天はボリューム感があり、食べた後も胃の中で水分を含んで膨張するので満腹感を得られやすい特徴があります。しかもカロリーがほとんど含まれずヘルシーなため、ダイエット中のデザートにもおすすめの食材です。

寒天についての詳しい情報は、以下のリンクも参照してみてください。

基本の「粉寒天」の使い方

寒天は、形状の違いによりパウダー状の「粉寒天」、棒状の「棒寒天」、細い糸のような「糸寒天」の3種類があります。この中で最もよく使われるのは、粉寒天です。棒寒天と糸寒天は使う前に水で戻す必要がありますが、粉寒天には水で戻す工程が必要なく、手軽に使えます。

粉寒天の使い方は、水と一緒に鍋に入れて中強火で煮溶かし、型に入れて好みの材料を加えて、冷やし固める3ステップのシンプルな方法です。その際、アクは取らず、砂糖は寒天が溶けてから加えるのがポイントです。

粉寒天の使い方の3ステップを応用するだけで、バラエティ豊かな寒天の和菓子が作れます。

作り置きしてダイエットに「基本のプレーン寒天」

あんみつやみつ豆など、寒天を使ったデザートに使われる味をつけない基本の寒天は、ダイエット中のおやつにも最適。作り置きしておけば、食べる時に黒蜜やあずきなどを加えてさまざまな味で楽しめます。はちみつやオリゴ糖などの甘味料も、甘さを調整しやすいのでおすすめ。

プレーン寒天は、水と寒天だけで作ります。普通の粉寒天なら500ccの水に対して4グラム、弾力の強い粉寒天は水を700ccに増やして火にかけて煮溶かし、冷やし固めるだけでできあがります。

懐かしい甘さ「みかん寒天」

市販のみかんの缶詰を使えば、昔懐かしい味わいのみかん寒天を簡単に作れます。最初にみかんの缶詰をみかんとシロップに分けておき、粉寒天にシロップを加えて加熱します。煮立った後に弱火にして砂糖を加え、寒天が溶けたら火を止めてみかんを加えて型に流し込みましょう。粗熱が取れた後に冷蔵庫で冷やせば、素朴な甘さが味わえるみかん寒天のできあがりです。

なお、酸に弱い寒天は、柑橘などの酸を加えて煮ると固まりにくくなってしまいます。柑橘の果汁など酸味のあるものを寒天に加える際は、火を止めてから寒天が固まる寸前に加えるのがベストです。

市販のこしあんで「水ようかん」

寒天に市販のこしあんを加えれば、夏らしい涼しげなデザート「水ようかん」になります。水ようかんを作る時のポイントは、棒寒天または糸寒天を使うこと。棒寒天と糸寒天は弾力や粘りのある仕上がりになるのに対し、粉寒天はコリコリとした食感です。そのため、水ようかんを作る際は棒寒天または糸寒天の方が適しています。

作り方は、水につけて戻した棒寒天または糸寒天を水と一緒に鍋に入れて煮溶かしていきます。完全に寒天が溶けてから砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止めましょう。市販のこしあんを入れたボウルに、溶けた寒天をザルで濾しながら流し込んでいきます。ヘラなどでこしあんを寒天に溶かしてから再度鍋に戻して中火で加熱し、沸騰したら火を止めて鍋ごと水で冷やしながら混ぜて粗熱を取ります。40℃程度に冷えたら、型に流し込んで3時間以上冷蔵庫で冷やし固めると、シンプルな水ようかんができます。

見た目にも涼しげな寒天は、夏のおやつとしてぴったり。いろいろなアレンジをして、暑い時期のデザートとして味わってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。