健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。

暑気払いとは?

暑気払いは、古くは“暑気を払う”という言葉の通り「暑さ避けとしてなにか行うこと」を指すもの。現在のようにお酒を飲むだけでなく、薬になるものを飲む、スタミナ食を食べるなどさまざまな方法がありました。ところがいつしか「暑気払い=夏の酒席」が一般的になり、現在まで続いてきたのです。
「暑さ避けとしてなにか行うこと」の意味合いでよく使われる言葉には「納涼」もあります。よく似た言葉ですが、暑気払いがビジネス上の宴席などに使われることが多いのに対し、納涼は地域の行事やお祭りなどに冠されることが多いようです。

暑気払いでダウンしないために!夏のお酒の飲み方

暑さ避けの暑気払いですから、飲みすぎてダウンしてしまっては元も子もありません。しかし、夏は汗をかきやすい季節なのに加え、お酒を飲むとアルコールの利尿作用で、脱水症状のリスクが高まってしまいます。続いては、夏の上手なお酒の飲み方のポイントをご紹介しましょう。

喉の渇きに任せて飲むのは控え、適量を守って

喉が渇いている時の冷たいお酒は美味しいものです。つい、量を考えず水のようにガブガブと飲んでしまいそうになりますが、こんな場面であってもアルコールはアルコール。いつもより飲みすぎてしまうと、体への影響が心配です。自分なりの適量を意識して、うっかりペースが速まりそうな場合は事前に少し水分や食べ物を摂っておくなど工夫しましょう。

チェイサー、和らぎ水を意識して摂ろう

お酒をガブガブ飲まないためにもおすすめなのが、合間にアルコールを含まない水分を飲んで一息入れることです。いわゆる「チェイサー」や「和らぎ水」と呼ばれるもので、飲みすぎを防ぐだけでなく、口の中をリセットして、お酒の味をじっくり味わうことにもつながります。

お酒の後にも意識して水分を

暑気払いの後はほろ酔いのまま気持ちよく眠ってしまいたいもの。とはいえ、帰り着いた際や寝る前などにも意識して水分を摂っておくと、寝ている間に脱水症状を起こしたり、翌朝二日酔いでつらい思いをしたりするのを避けられます。お茶やコーヒーはカフェインの利尿作用で脱水につながってしまうので、水や麦茶などノンカフェインの飲み物を選ぶのがポイントです。

おつまみで肝臓の働きを助けるのもポイントに

たんぱく質・ビタミン・ミネラルの多いおつまみがおすすめ

飲み物の摂り方だけでなく、おつまみの選び方でもお酒の後の体調は違ってきます。ポイントは、たんぱく質・ビタミン・ミネラルの多いおつまみ。これらの成分がアルコールを分解する肝臓の働きを助け、体への負担を和らげてくれるのです。

大豆・脂の少ない肉魚・夏野菜・ナッツ類などを

夏の酒席の定番でもある、枝豆や冷奴といった「大豆メニュー」もたんぱく質やビタミン、ミネラルの多い一品。おつまみの中でも比較的サッと出てきやすい品なので、居酒屋などでは最初の一杯と一緒にまず頼んでおくと安心です。
ささ身やビンチョウマグロなど脂分が少なめの肉や魚、トマトやゴーヤなどの夏野菜、手軽なナッツ類もおすすめ。特にカツオやサバ、レバー、ピーナツなどは、アルコールの分解を助けるナイアシンをたっぷり含んでいるのでぜひ食べたいところです。
ちなみに「締めの一皿」を楽しみにしている人は多いものですが、お酒の後にご飯やラーメンなど炭水化物を摂りすぎると体の負担になります。翌朝のためにも、グッと我慢をしましょう。

せっかくの暑気払いですから、体のために……とあれもこれも節制するのではなく、楽しむところは大いに楽しみたいものです。今回ご紹介した飲み方・食べ方は、無理なく実践できて、夏が旬の食べ物なども味わえる手軽な方法ですから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。