健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。

夏の食養生は、「熱を冷まして、水分代謝を高める」

夏を元気に過ごすコツは、体に「余分な熱」と「余分な水分」を溜め込まないことです。そのため、夏の食養生では、熱を冷ます性質を持つ「涼性の食材」と、滞った水分を適切に流して排出する「利水(りすい)する食材」を積極的に摂ることが大切です。

ここで注意しておきたいのが、熱を冷ます性質を持つ「涼性の食材」とは、「冷たい飲食物」のことではない、ということ。冷たいそうめんやアイスコーヒー、サラダなど、温度が冷たい飲食物は、たまに摂るにはよいですが、そればかりが続くと内臓を直接冷やしてしまい、胃の不調やだるさを助長させてしまいます。

「涼性」とは、温度ではなく食材の持つ性質を指しています。夏は「涼性の食材」をあたたかい状態で食べるのが理想です。

普段「温活」を心がける人も、「涼」は必要

女性は男性よりも冷えやすく、水が滞りやすい体質です。そのため、あたたかいスープや飲み物を摂ったり、ゆっくり入浴したりといった、体をあたためることを習慣づけしている方も多いかもしれません。

こうした「温活」は男女問わず、冷えのある方は一年中、また、秋冬はどなたでも意識していただきたい習慣です。しかし、体をあたためすぎて熱がこもると、口や喉が渇く、手足がほてる、目が充血する、イライラする、空咳がでる、寝汗が多い、寝付きが悪い、眠りが浅いといった症状が現れます。特に夏場は、温活中であっても「涼性」の食べ物をバランスよく取り入れて、こもった熱を冷ますようにしましょう。

ちなみに、体の「冷え」や「ほてり」に至る理由はなかなか複雑で、相反するこの2つの症状を同時に抱える方も多くいらっしゃいます。自己判断で読み解くのは難しいところがありますから、冷えやほてりで日常生活がつらいという場合には、医師や漢方薬局に相談してみることをおすすめします。

夏を乗り切る「涼性食材」と「利水する食材」

ここからは夏におすすめしたい、体の熱を冷ましてくれる「涼性の食材」と「利水する食材」をご紹介します。冷たく冷やした飲食物は、涼性でなくとも体(特に胃腸)を強く冷やしてしまうのでよくありません。あたたかい状態で食べるのが理想です。

涼性で、利水もする食材

キュウリ、ナス、アスパラガス、トウガン、ゴボウなど。

涼性の食材

トマト、レタス、春菊、セロリ、豆腐、バナナなど。

利水する食材

トウモロコシ、ソラマメ、枝豆、サヤエンドウ、シソ、ハトムギ、白菜、シジミ、ハマグリなど。

もしも冷えが心配な場合は、ニンニク・しょうが・大葉・ニラ・ネギのような薬味・香り野菜と合わせてみましょう。これらは温性または熱性を持っているので、加えることで温と冷の調整ができます。以下の記事では、夏におすすめの薬味食材を体の不調にあわせてご紹介しています。

また、「涼性」よりも、さらに体内の熱を強く冷ます「寒性」の食材もあります。たとえばスイカは「寒性」で、熱がこもったことによる喉の渇きを癒やし、発熱時の水分補給や暑気あたりなどにもおすすめです。そのほか「寒性」の食材には、ゴーヤ、レンコン、メロンなどがあります。

冷房の効きすぎや、冷たい飲食物の摂り過ぎは、体を冷やし、胃腸を弱らせ、水分代謝を滞らせ、むくみやだるさを招きます。「涼性」の食材をあたためて食べつつ、水分代謝を助ける「利水の食材」を摂って、健やかに夏を過ごしましょう!

関連するキーワード


食の知識 野菜の豆知識

関連する投稿


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。


郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。


健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

イタリア料理やその食材が広まるにつれて、日本でも食べられることが多くなった「アクアパッツァ」。魚介中心なので、イタリア料理の中でもヘルシーなメニューです。今回は、アクアパッツァの定番具材とその栄養についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。