健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

いよいよ夏本番。夏バテをしないためには、まずは基礎体力をつけることが大切です。暑くてだるいからといってゴロゴロしてばかりいると、食欲がわかず、体は冷え、さらに夏バテしやすくなってしまいます。1回10分、お家で簡単にできる体力づくりを始めましょう。


いよいよ夏本番。夏バテをしないためには、まずは基礎体力をつけることが大切です。暑くてだるいからといってゴロゴロしてばかりいると、食欲がわかず、体は冷え、さらに夏バテしやすくなってしまいます。1回10分、お家で簡単にできる体力づくりを始めましょう。

夏バテしやすい人ほど、運動で基礎体力のアップを

「夏バテには◯◯をするとよい」「夏バテには◯◯が効く」といったような、さまざまな健康法を耳にしたことがあるでしょう。しかし、それらはあくまでも補助的なもの。健康を保つためには、バランスのとれた食事と十分な睡眠、そして適度な運動が何より重要です。

体力がないと感じたり体の冷えが気になったりする人は、気温の変化に耐える力が弱く、体温の調整がうまくいっていない可能性があります。そんな人こそ、運動をして健康のベースを底上げするのがおすすめ。運動をすることで食欲が増進し、深い睡眠を得られるようになるため、基礎体力のアップにつながります。

「20分×1セット」と「10分×2セット」での運動効果の違い

「有酸素運動は20分以上続けてやらないと意味がない」という情報を聞いたことはないでしょうか。実は、これは厳密には誤りだとか。最近の研究では、20分×1セットを一気に行う場合と10分×2セットを小分けに行う場合とでは、同じ効果があるとされています。脂肪燃焼に関していえば20分以上継続するとより効果的ですが、それ以下では効果がないというわけではありません。

普段運動をする習慣がない人にとって、いきなり長時間の運動をするのはハードルが高く、体を痛めてしまうこともあります。無理なく習慣化するために、1日に何回か短時間の運動を行ってみるとよいでしょう。

室内で気軽にできる、夏バテ予防におすすめの運動

夏場は気温が高く、屋外で行う運動には熱中症のリスクがあります。そこでまずは、室内で気軽にできるものから始めるのがおすすめ。いくつか取り組みやすいものをご紹介します。

風呂トレ

お風呂の時間を活用したトレーニング「風呂トレ」。お湯に浸かってリラックスしながら少し体を動かすだけで、効果的な運動になります。浮力によって体重が軽くなるため、体を支える腰や関節に負荷がかかりにくいのがうれしいポイント。のぼせないよう、夏場は34~36℃のぬるめの湯温で行いましょう。

体幹トレーニング

手足と頭を除いた体の部分を「体幹」といい、背骨やあばら骨、内臓なども体幹に含まれます。トレーニングによって体幹の筋力がアップすると、基礎代謝の向上が期待できます。負荷の軽いトレーニングから始めて、毎日続けながら徐々に体を慣らしていくのが安心です。

散歩

ジョギングやウォーキングといえば日常生活のなかで取り組みやすい運動ですが、「散歩」はもっと気軽に実行できる健康習慣です。行う時間帯によって得られる効果が異なるため、ライフスタイルに合わせて無理なく取り入れてみてください。

ヨガ

呼吸に合わせてゆったりと体を動かすヨガは、こわばった筋肉をほぐし、血流の改善にも役立ちます。まずは初心者でも簡単にできるポーズに挑戦してみてください。毎朝の習慣として行うと体が心地よく目覚め、1日を前向きにスタートできそうです。

若い頃に比べて夏バテをしやすくなったと感じる場合、年齢とともに基礎体力が落ちていることが原因のひとつかもしれません。暑い夏を元気に乗り切るために、できることから取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

厚生労働省では8月を「食品衛生月間」と定め、食品衛生管理の徹底を図り、食中毒予防に対する啓蒙活動を行っています。梅雨がはじまる6月頃から秋口にかけては、細菌性の食中毒が発生しやすいため要注意。そこで今回は、ご家庭でできる食中毒予防や、症状が出た場合の対応についてご紹介します。


健康習慣|今日からできる!熱中症対策

健康習慣|今日からできる!熱中症対策

気温と湿度が高くなる時期に増えてくるのが、熱中症です。熱中症は屋外にいる時に発症するものと思われがちですが、場合によっては室内でも起こる可能性があります。そこで今回は、今からでもすぐに実践できる熱中症対策についてご紹介します。


健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。