健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|今日からできる!熱中症対策

健康習慣|今日からできる!熱中症対策

気温と湿度が高くなる時期に増えてくるのが、熱中症です。熱中症は屋外にいる時に発症するものと思われがちですが、場合によっては室内でも起こる可能性があります。そこで今回は、今からでもすぐに実践できる熱中症対策についてご紹介します。


気温と湿度が高くなる時期に増えてくるのが、熱中症です。熱中症は屋外にいる時に発症するものと思われがちですが、場合によっては室内でも起こる可能性があります。そこで今回は、今からでもすぐに実践できる熱中症対策についてご紹介します。

屋内にいても発症する「熱中症」とは

「熱中症」とは、暑い環境で起きるめまい、失神、吐き気、異常な発汗・体温上昇などの健康障害の総称です。熱中症は、一昔前によく聞いた「日射病」と同じものと考えられることがありますが、日射病とは熱中症の症状のうち、強い直射日光を浴びたことで起こる症状。現在、日射病は熱中症の一部と見なされています。

また、「熱射病」とは体温調節機能が失われ、意識障害などが起こる「重症の熱中症」のこと。このほかの熱中症の症状には、脱水状態で頭痛や吐き気、倦怠感が起こる中等症の熱中症に「熱疲労」、めまいやけいれんが起こる軽症の熱中症に「熱失神」、「熱けいれん」などがあります。

熱中症は、屋内屋外を問わず高温・多湿の環境が原因で発症します。特に、65歳以上の方は自宅で熱中症を発症するケースが毎年多く見られます。これは、加齢により温度の感覚が鈍ることにより、暑さ・寒さやのどの渇きに鈍感になってしまい、適切な室温調整や水分補給ができなくなることが原因です。

「夏バテする生活」を回避する

蒸し暑い夏は、睡眠不足になり体の疲れが取れにくく、体のだるさや食欲不振なども起こることがあります。夏バテで食欲がない状態が続くと、どうしても冷たい食べ物やのどごしがよいそうめんなどの麺類を選びがち。しかし、このような食生活が続くと、栄養バランスが崩れて体力が低下し、熱中症リスクが上がる恐れがあります。そのため、熱中症対策として「夏バテに効果的なもの」よりも「夏バテする生活の回避」を心がけましょう。

まず、冷たいものや生もの、味が濃い食べ物は胃へ負担をかけてしまうので、避けたいところです。さらに、生活スタイルが夏バテの原因になることも。しっかり睡眠を取るためには、夜ふかしを避ける、適度にエアコンを使い部屋を冷やしすぎないこともポイントです。極端に低い温度設定にしてしまうと、体が冷えて体調を崩してしまうので、エアコンは気温をチェックして、冷やしすぎない程度の温度で使用しましょう。

夏バテに負けない体を作るには、適度な運動も大切です。体を動かすことで自律神経が整いやすくなり、食欲が出たり眠りやすくなったりする効果が期待できます。暑い屋外での長時間の運動は熱中症のリスクが高まりますが、しっかりと水分補給をしながら、室内でできる軽いエクササイズやラジオ体操などで軽く体を動かしてみるのもおすすめです。

「マスク酸欠」をうたがってみる

屋内で熱中症のような症状が起こっても、実は熱中症ではなく別の原因による体調不良も考えられます。新型コロナウイルス感染症の流行による「新しい生活様式」の影響で、真夏の暑い時期でもマスクの着用が求められる場面も増えてきました。そんな中で増えているのが、「マスク酸欠」です。

マスク酸欠とは、マスクで鼻と口を覆った状態が続き、体に取り込む酸素量が減ってしまうことで起こる症状。マスクをした状態で二酸化炭素を多く含む口から吐いた息ばかりを吸ってしまい酸素不足になってしまうのも、マスク酸欠を起こしてしまう原因です。マスク着用時間が増えてから、頭痛やめまい、だるさや疲れなどの症状を感じることはないでしょうか。これらの体調不良を感じる場合は、マスク酸欠もうたがってみましょう。

マスク酸欠について詳しくは、以下の記事も参考にしてみてください。

水分・塩分をこまめにとる

のどが渇いたと感じる前に、水分をとるようにしましょう。一度にがぶ飲みするのではなく、少しずつでもこまめに飲むことが大事です。

汗をかく時は、水分と一緒に塩分も流れ出ています。塩分をとらずに水だけを摂取していると、体内のミネラル濃度が低下し、熱中症の症状が現れてしまうことも。つまり、塩分の不足も熱中症につながります。大量の汗をかくような場合は、水ではなくスポーツドリンクにする、塩飴や梅干しなどと一緒に水を飲むなど、ほどよい塩分補給も意識しましょう。かかりつけ医に水分や塩分を制限されている場合は、摂取方法を相談しておくと安心です。

健康的な生活、快適な睡眠を心がける

睡眠不足でだるい、食欲がなく体調がすぐれない場合は、熱中症のリスクが高まります。栄養バランスのよい食事や質のよい睡眠を心がけ、暑い季節も健やかな体を保ちましょう。

室内での熱中症の多くは、夜間に発症しています。快適な気温や通気が確保された、ぐっすり眠れる室内環境を整えると、熱中症に負けない体力を蓄えると同時に、就寝中の熱中症予防にもつながります。特にお酒を飲んだ日は、睡眠の質が落ちたり、体の水分が失われたりしやすいので要注意。毎日寝る前に、コップ1杯の水を飲むように習慣づけるといいでしょう。

室温・体温の調整を常に意識する

節電意識も大切ですが、室内で多くの熱中症が発生していることを考えると、冷房をつけるのを我慢しすぎることは、決して体にいいとはいえません。扇風機やエアコンなどを上手に使って「部屋の温度」を快適に保つようにしましょう。通気性のよい洋服を選んだり、冷却グッズを使ったりして体温を快適に保つのもおすすめの対策です。

また、屋外へ出る時は帽子や日傘で直射日光を防ぎ、なるべく日陰を歩くように工夫しましょう。特にご高齢の方は、体温を調節する力が落ちていることが多く、脱水状態に気づくのも遅れがち。「これくらいの暑さは大丈夫」と自分の感覚で決めるのではなく、天気予報をチェックして早めの対策を心がけることが大事です。2020年からは気象庁と環境省が連携し、熱中症の危険が高まる際に「熱中症警戒アラート」を発表しています。このような情報も参考に、室温調整や外出時の対策を行いましょう。

熱中症への対策意識は年々高まっており、近年は熱中症警戒アラートのように、事前に熱中症のリスクを把握できる情報も発信されています。その日の気候にあった対策方法を確認し、ぜひ自宅での過ごし方や外出時の参考にしてみてください。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

厚生労働省では8月を「食品衛生月間」と定め、食品衛生管理の徹底を図り、食中毒予防に対する啓蒙活動を行っています。梅雨がはじまる6月頃から秋口にかけては、細菌性の食中毒が発生しやすいため要注意。そこで今回は、ご家庭でできる食中毒予防や、症状が出た場合の対応についてご紹介します。


健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

いよいよ夏本番。夏バテをしないためには、まずは基礎体力をつけることが大切です。暑くてだるいからといってゴロゴロしてばかりいると、食欲がわかず、体は冷え、さらに夏バテしやすくなってしまいます。1回10分、お家で簡単にできる体力づくりを始めましょう。


健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。