健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|家庭の備蓄「ローリングストック」をはじめよう

健康メニュー|家庭の備蓄「ローリングストック」をはじめよう

「日常の備蓄」を「非常時の備え」に活用するローリングストックは、近年になって広まった、現代に適した防災の考え方です。従来の非常食は「準備が大変」「定期的な見直し」といった手間がありましたが、ローリングストックなら大きな負担なく防災の備えに取り組めます。


「日常の備蓄」を「非常時の備え」に活用するローリングストックは、近年になって広まった、現代に適した防災の考え方です。従来の非常食は「準備が大変」「定期的な見直し」といった手間がありましたが、ローリングストックなら大きな負担なく防災の備えに取り組めます。

ローリングストックで、「普段」と「防災」を両立させる

ローリングストックとは、いつも使っている食品を少し多めに備蓄して、食べた分を買い足して回していく備蓄方法です。台風や地震でライフライン(水・電気・ガス)が止まったり、スーパーやコンビニで食べ物が手に入らなくなったりといった非常時に、ご自身を守る備えとなります。

数年間の保存が可能な非常食は、長期保存できることそのものがメリットです。その一方で、普段使いできない、消費期限を忘れやすい、食べ慣れないものを食べなくてはならないなどのデメリットもあります。ローリングストックは、そうしたデメリットが解消できる新しい防災手段です。

かしこく続ける、ローリングストックの方法

それでは、具体的なローリングストックの方法を見ていきましょう。

食べ慣れた食品を、多めに備蓄する

非常時に普段の食事が食べられることは、ストレスの軽減に非常に有効です。食べ慣れているものから、少し多めに保管するものを選びましょう。通常、食品は食べてから買い足すものですが、ローリングストックでは、食べる前に買い足して、家にあったほうを消費するのが理想です。

分散して保管

大きな地震の時は、戸棚や引き出しが歪んで開かなくなる事態が起こりえます。したがって、防災の観点では一箇所に備えを集中させず、分散させることも大切です。近日中に食べるものはキッチン収納に、ストック分はクローゼットや衣類収納の一角においておくなど、保管場所を検討してみましょう。

残量や賞味期限がひと目で分かる工夫を

「保管する・食べる・買い足す」をスムーズに行なえるよう、古いものと新しいものが混在しないようにしましょう。その意味で、先に書いた分散保管は有効です。保管分は仕切りのあるカゴに収納して、食べる分をキッチン収納に移動させ、カゴが空いたところに買い足し分を入れるなど、ひと目で新旧と残量が分かるようにしておくと安心です。

ローリングストックに適した食品の選び方

ローリングストックは食べながら備えるものですから、賞味期限があまりに短いものや常温保存できないものは適しません。ローリングストックに適した食品の選び方を解説します。

ある程度の保存期間がある、常温保存ができる

停電が続くことを想定して、ローリングストックは常温保存できるものから選びます。お手持ちの食品を確認してみると、1ヵ月~半年程度もつものは意外とあるものです。そのなかから食べやすいものを選んでみてください。

なるべくいつもの食事に近いもの

繰り返しになりますが、いつもの食事ができることは非常時のストレスを軽減します。食べ慣れているものから、調理が不要なものをピックアップしてストックしましょう。

加熱してもしなくても食べられるもの

加熱しなくても食べられるものは備蓄に最適です。レトルトやフリーズドライ食品など、普段は湯煎・お湯を使うものでも、常温のまま・水で食べられるものが多くあります。

栄養補給になるもの

災害直後は炭水化物ばかりになりがちですから、たんぱく質やビタミンを摂れる食品を意識してストックしましょう。たんぱく質補給はツナやさばなどの魚介の缶詰や、コンビーフや牛肉の大和煮といった缶詰、ビタミン補給には野菜ジュースやドライフルーツなどが扱いやすくておすすめです。

ストレス軽減に甘いもの

意外と見落としがちですが、甘いものは緊張やストレスを緩和させるので、ぜひストックしておきたいアイテムです。アメやチョコレート、羊羹、クッキーやあずき缶など、日持ちするものから、お好きなものをストックします。

カセットコンロはぜひとも用意

体をあたためるあたたかい食事は、緊張や不安を和らげてくれます。食品をあたためる、お湯を沸かすといった簡単な調理ができるとより安心です。食品類に加えて、カセットコンロをぜひ用意しておきましょう。カセットボンベは1日1人1本弱を使う想定で用意しておきましょう。

買い足し不要、「定期便」でローリングストック

定期便とは、毎回注文しなくても定期的に商品が届くシステムです。常に一定量の備蓄が必要な防災と、都度の注文がいらない定期便は好相性。次が届いたタイミングで今保管しているものを食べることで、自然とローリングストックになります。

世田谷自然食品では、おいしくて保存のきくローリングストック向きのアイテムを、定期割引価格でご提供しています。もちろん、消費しきれなかったり長く不在にしたりという場合には、変更・中止が可能です。

オトク定期便が申し込める、ローリングストックアイテムの例

十六種類の野菜

16種類の野菜とギュッと凝縮した「十六種類の野菜」は、毎日飲んでも飽きのこないおいしさ。忙しい毎日にも、非常時にも、手軽なビタミン・栄養補給としてご活用いただけます。

本格和風お惣菜の缶詰6種セット

本格和風お惣菜の缶詰6種セット」は、国産原料を使用して、煮物をふっくら炊き上げた缶詰です。「筑前煮」「切干し大根煮」「たけのこ土佐煮」「ごもく豆」「ひじき煮」「きんぴらごぼう」の6種類のお惣菜が楽しめます。

さばの缶詰3種セット

青魚のなかでも特に栄養価が高いさばを手軽な缶詰にした「さばの缶詰3種セット」。骨まで柔らかくした食べやすいさばを、「さば味付け」「さば味噌煮」「さば水煮」の3種セットでお届けします。

非常時でもいつもの食事を食べられるローリングストックは、心と体の健康を保つだけでなく、従来の長期保存食の消費忘れを防いだり、計画的な消費を促したりといったフードロスの観点でも有効です。もちろん、「疲れちゃって何も作る気がしない」といった時にも便利です。まずは、お家にあるものからローリングストックできるものをピックアップしてみてくださいね。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。