健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。


「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。

クエン酸とは?

クエン酸とは、レモンやみかんといった柑橘類をはじめ、梅や酢などに多く含まれる酸味成分のこと。そのため、これらの食材を口にすると“酸っぱい”と感じます。「クエン」は漢字で書くと「枸櫞」。レモンの近縁種のひとつであるシトロンの漢名「枸櫞」に由来します。

市販のクエン酸は、無色または白色のサラサラした粉末状をしています。食品にさわやかな酸味を加えることを目的に、食品添加物として使われることがあります。清涼飲料水やジャム、果物の缶詰などがその用途例です。また、pH調整剤として使われることもあります。食品のpHを調整することによって、カビ・細菌の繁殖抑制や変色防止に役立ちます。さらに、ゴボウやレンコンのアク抜き、梅干しを漬ける時に発色をよくするためにも使われます。

クエン酸はどのように体によい?

クエン酸が発見されたのは18世紀のことですが、その健康効果は古代ギリシアの時代から人々に知られていたといわれています。なかでもよく知られているのは疲労回復への効果。クエン酸は、体内でエネルギーをつくり出すサイクルである「クエン酸回路」において中心的な役割を担っています。このクエン酸回路がスムーズになると、エネルギーが効率よく生成され、その過程で疲労の原因となる乳酸が減少するため、疲労回復に役立ちます。そのほか、酸味によって唾液・胃液の分泌が促進され、食欲を増進させる効果も期待できます。

クエン酸はなぜ掃除に役立つ?

クエン酸は食品添加物として使われますが、日常生活では掃除にも役立ちます。自然由来の成分であるため、安心して使えることで注目されています。市販のクエン酸には食用と掃除用(工業用)があり、食用のものは食品衛生法の基準を満たして製造されていますが、掃除用のクエン酸はその基準は満たしていません。掃除用は口に入れることを前提としていないため、両方の用途に使いたい場合は購入時に注意しましょう。

酸性であるクエン酸は、アルカリ性の成分を中和します。特に、キッチンやお風呂の水アカや石鹸カス、トイレの尿石汚れなど、水回りの汚れに適しています。これらの汚れはカルシウムやマグネシウムといったアルカリ性のミネラル成分が含まれているため、クエン酸と反応するのです。また、トイレのニオイの原因になるアンモニアもアルカリ性なので、消臭効果も期待できます。

ちなみに、キッチンの油汚れやリビングの皮脂汚れは酸性なので、クエン酸ではなかなか落ちません。アルカリ性の重曹で中和すると落ちやすくなります。

クエン酸のおすすめの摂り方・活用法

食用に掃除用にと幅広く活躍するクエン酸。賢く取り入れて健やかな暮らしに役立てたいものです。そこで、おすすめの摂り方と活用法をご紹介します。

おすすめの摂り方

クエン酸は、柑橘類のほか梅や酢にも豊富に含まれているので、積極的に摂りましょう。特に梅干しは、冷蔵庫に常備しているご家庭が多いのではないでしょうか。ごはんのお供としてそのまま食べるだけでなく、料理の味付けに使うのもおすすめ。暑い夏には、飲みやすく手軽にクエン酸を摂れる梅シロップもいいですね。酢と納豆を一緒に食べる「酢納豆」は、2つをよく混ぜるだけで簡単にできます。食卓にもう一品欲しい時の救世主になってくれそうです。

おすすめの活用法

クエン酸にはカビ・細菌の繁殖抑制の効果もあることから、加湿器のお手入れに使うと効果的です。クエン酸を水で薄めたクエン酸水でこすり洗いやつけおきをすると、汚れやニオイがすっきり落ちます。また、柑橘類を食べた後の皮はカラカラに乾燥させて入浴剤として再利用を。クエン酸には、肌の調子を整えたり体臭を和らげたりする効果も期待できます。

疲労回復にパワーを発揮するクエン酸は、これからの季節の夏バテ予防に一役買ってくれそうです。おいしく食べて、元気いっぱいに過ごしたいですね。

関連するキーワード


健康の知識 簡単健康法

関連する投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

健康習慣|夏の食中毒を予防しよう

厚生労働省では8月を「食品衛生月間」と定め、食品衛生管理の徹底を図り、食中毒予防に対する啓蒙活動を行っています。梅雨がはじまる6月頃から秋口にかけては、細菌性の食中毒が発生しやすいため要注意。そこで今回は、ご家庭でできる食中毒予防や、症状が出た場合の対応についてご紹介します。


健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

健康習慣|夏バテ予防に「運動」が必要なワケとは

いよいよ夏本番。夏バテをしないためには、まずは基礎体力をつけることが大切です。暑くてだるいからといってゴロゴロしてばかりいると、食欲がわかず、体は冷え、さらに夏バテしやすくなってしまいます。1回10分、お家で簡単にできる体力づくりを始めましょう。


健康習慣|今日からできる!熱中症対策

健康習慣|今日からできる!熱中症対策

気温と湿度が高くなる時期に増えてくるのが、熱中症です。熱中症は屋外にいる時に発症するものと思われがちですが、場合によっては室内でも起こる可能性があります。そこで今回は、今からでもすぐに実践できる熱中症対策についてご紹介します。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。