健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる

最新の記事


野菜の豆知識|薬用にも使われていた高原野菜 「アスパラガス」

野菜の豆知識|薬用にも使われていた高原野菜 「アスパラガス」

さわやかな味と食感の「アスパラガス」。塩焼きしただけやさっと塩ゆでするだけの、シンプルな調理方法でも美味しく食べられる食材です。 色鮮やかな色合いで食卓を彩ってくれ、美肌や疲労回復にも効果が期待できます。また紀元前のアスパラガスは、その多様な効能からもともとは薬用として使用されていたようです。


野菜の豆知識|お腹にやさしいねばねば野菜「オクラ」 野菜の豆知識

野菜の豆知識|お腹にやさしいねばねば野菜「オクラ」 野菜の豆知識

独特の歯ごたえと、ねばねばした食感が特徴的なオクラ。断面が星形のものが多く、その形を生かし、料理のトッピングとしても目を楽しませてくれる野菜です。オクラは主に暖かい地域で栽培されており、日本では鹿児島県や高知県の特産物です。 胃腸によいとされ、夏バテ対策も期待できるそう。一般的にお店に並んでいるのは「五角種(ごかくしゅ)」と呼ばれる種類で、それ以外にも「赤オクラ」「丸オクラ」、「白オクラ」「ミニオクラ」など多彩な種類があるのも特徴です。


冷え性対策|身体を温める野菜「しょうが」 “温健”のススメ~身体を温めて健康に

冷え性対策|身体を温める野菜「しょうが」 “温健”のススメ~身体を温めて健康に

日頃からよく食べている野菜たち。実は、冷え性改善に効果的な成分が多く含まれているものがあるのをご存じでしょうか。今回は、「しょうが」と「根菜」の身体を温める成分と、栄養をたっぷりとれて身体がぽかぽか温まる、おすすめの食べ方をご紹介します。


野菜の豆知識|暑い夏を乗り切る野菜「ナス」 野菜の豆知識

野菜の豆知識|暑い夏を乗り切る野菜「ナス」 野菜の豆知識

和食、洋食問わずに活躍する夏野菜ナス。特徴的な紫色と滑らかな皮は他の野菜ではあまり見られません。今では1年中店頭に並んでいますが、夏野菜は体を冷やすといわれているので、暑い夏に食べるのがぴったりです。


健康習慣|正しいウォーキング講座 健康豆知識

健康習慣|正しいウォーキング講座 健康豆知識

健康に良いといわれている「ウォーキング」。しかし間違った歩き方をしていると、どんなに長く歩いても効果がないどころか、健康に悪影響を及ぼすことも。正しい歩き方を実践して、より効果的なウォーキングを楽しみましょう!


郷土料理|「納豆汁」(山形・秋田ほか) 栄養分を補う雪国の郷土料理

郷土料理|「納豆汁」(山形・秋田ほか) 栄養分を補う雪国の郷土料理

とろみがあって普通のおみそ汁よりも冷めにくく、タンパク質が豊富な納豆汁は、栄養分を補う雪国の郷土料理として昔から食べられています。山形県から秋田県、岩手県・青森県の一部の地域で愛され続けています。


風邪予防|「温度・湿度管理対策」 お部屋の乾燥を防いで風邪予防!

風邪予防|「温度・湿度管理対策」 お部屋の乾燥を防いで風邪予防!

空気が乾燥するとお肌に悪いだけでなく、風邪などのウイルス感染も起こりやすくなってしまいます。しかし、湿度を上げるだけの対策では、実は十分ではないのです。ポイントは「温度と湿度」の両方を意識すること。さっそく、温度と湿度の関係性から見ていきましょう。


散策|うだつの上がる町並み(岐阜県) 江戸時代の面影残るうだつと和紙の散歩道

散策|うだつの上がる町並み(岐阜県) 江戸時代の面影残るうだつと和紙の散歩道

岐阜県美濃市は日本でも有数の「うだつ」が上がる家の多い町並みとして知られています。江戸時代からの古い景色が残るこの地区は、平成11年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されました。約400mの道路2本の間に細い路地が4本通っており、ちょうど漢字の「目」の字のようになっています。美濃和紙でできた小物を扱うお店や旧商家を改造したカフェなどがあり、約2~3時間で散策できる地区になっています。


間違いやすい日本語|寸暇を惜しんで・雪辱を果たす

間違いやすい日本語|寸暇を惜しんで・雪辱を果たす

日常で当たり前のように使っている日本語のなかにも、「間違った日本語」は潜んでいます。 特に誤用されることが多い慣用句でも、今回は「寸暇を惜しんで」・「雪辱を果たす」をご紹介します。では、正しい用法を二択から選んでみてください。


郷土料理|濃厚!あんこうを使った幻の漁師汁どぶ汁(茨城県)

郷土料理|濃厚!あんこうを使った幻の漁師汁どぶ汁(茨城県)

酒の肴として愛酒家に愛されるあん肝。このあんこうの肝をふんだんに使い、水を一切使わず味噌で味付けしたものがどぶ汁です。濃厚で身体の芯から温まる一品で、なかなか食べられるお店がないことから「幻の鍋」といわれています。