健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる

最新の記事


野菜の豆知識|「芽キャベツ」 実はキャベツの若芽ではない

野菜の豆知識|「芽キャベツ」 実はキャベツの若芽ではない

名前から「キャベツの若芽」だと思われがちな芽キャベツですが、実はキャベツの仲間ではあるものの、別の品種。小さいけれど、キャベツ以上に栄養が詰まった野菜です。芽キャベツは12月から3月に収穫され、寒くなるほど実が締まり、おいしくなります。今回は、芽キャベツのルーツや栄養価、調理法などについてご紹介します。


健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

2月は「全国生活習慣病予防月間」。生活習慣病は、普段の生活習慣が深く関わる病気です。「痩せているから大丈夫」「お酒を飲まないから問題ない」と思っていませんか?実は、必ずしもそうとはいえないのです。生活習慣病に対する正しい知識と予防法を知り、日々の生活に役立ててください。


健康メニュー|湯葉 たんぱく質たっぷりの栄養食材

健康メニュー|湯葉 たんぱく質たっぷりの栄養食材

京料理や精進料理の食材として知られる湯葉。豆乳を凝縮しているため、良質のたんぱく質がたっぷり含まれた栄養豊富な食材です。今回は湯葉の種類や栄養、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|人気の「高カカオチョコレート」期待できる効果と注意点

健康メニュー|人気の「高カカオチョコレート」期待できる効果と注意点

チョコレートは甘いお菓子、というイメージがありませんか?しかし近年は、甘さが控えめでカカオの含有率が高い「高カカオチョコレート」が人気を集めています。そこで今回は、高カカオチョコレートに期待できる効果や注意点、正しい食べ方をご紹介します。


健康メニュー|おうちラーメンでおいしくヘルシーに

健康メニュー|おうちラーメンでおいしくヘルシーに

ラーメンは一品料理で野菜が少なく、外食では栄養バランスが偏りがちなメニュー。おいしく栄養を摂るには、家庭で野菜たっぷりのラーメンを作るのがおすすめです。今回は、家庭で作るラーメンの栄養をアップさせるレシピをご紹介します。アイデア次第でアレンジは無限大。冷蔵庫にある材料でサッと調理できるのもうれしいポイントです。


健康メニュー|節分メニューをヘルシーに!

健康メニュー|節分メニューをヘルシーに!

2月の行事といえば、節分。豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりするのが定番ですよね。そんな節分の日に食べられている行事食も、ちょっと工夫すればヘルシーに食べられます。今回は、節分の行事食について、定番の恵方巻きや大豆のヘルシーな味わい方についてご紹介します。


健康メニュー|冬の食卓に欠かせない 野菜スープ

健康メニュー|冬の食卓に欠かせない 野菜スープ

シンプルな料理だけに、ついついいつも同じような具材や味になりがちな野菜スープ。毎日続けるには、いつもと違う味や、ちょっとひと手間かけるアイデアも欲しいところですよね。今回は、野菜スープの栄養や、おすすめの隠し味などの食べ方についてご紹介します。


健康習慣|脳トレで頭と心を若々しく保つ

健康習慣|脳トレで頭と心を若々しく保つ

最近、物忘れが多くなったと感じたことはありませんか?ある調査では、40代以上の約7割近くが物忘れを実感していると回答したそうです。そこで、頭を使い手や指を動かしながら取り組む「脳トレ」をはじめてみてはいかがでしょうか。脳トレといえば、クイズやゲームのようなものをイメージしやすいですが、ほかにも気軽にできるものがたくさんあります。毎日の習慣にして、楽しく脳を鍛えましょう。


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。